はりの部屋

« 5月 2020 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

めまいについて

自粛疲れからか、不調を感じている方が多いようです。

 

鍼灸の考え方のベースには「陰陽」の概念があり、身体の陰陽のバランスが崩れることが不調を招くと考えます。

最近相談が多かった、めまいについて考えてみます。

 

まず、簡単に陰と陽について。

これは世の中のあらゆるものを、陰と陽という相反する二つの性質に分けて捉えたもの。

 

陽…熱、火、天、昼、動

陰…寒、水、地、夜、静

 

といった感じです。

朝~昼~夜~朝と変化するように、陰と陽は常に変化しながら互いにバランスを取っています。

これが崩れると、自然界でいうと異常気象といったことが起こり、作物の不作などさまざまな問題が起こります。

 

昔の中国の人は、人も自然の一部と捉え、この考え方を身体にも当てはめたんですね。

では、めまいについて。

 

めまいは頭がフワフワしたり、グルグル回転したような感じになります。

このフワフワ、グルグルは動的ですので、「陽」に分類されます。

頭は、身体の上部に位置しますので、「陽」の部位です。

陽の部位に、陽の症状が出ているわけですね。

この状態は、身体のバランスが陽>陰と考えることができます。

 

ということは、余剰な陽を減らし、陰を増やしてあげればいいわけです。

鍼灸施術には、瀉法(しゃほう)と補法(ほほう)という手技があります。

瀉法は取り除き、補法は増やしていく、といったイメージです。

 

取り除いたり増やしたり、は施術だけでなく生活習慣によっても可能です。

例えば、

食事では、味が濃いもの、脂っこいもの、添加物が多いもの、においがきついもの、は陽の要素が強いです。

生活習慣では、パソコンやスマホの光刺激、サウナや長風呂、夜更かしは陰を減らし、陽を増やします。

そのため、めまいのような陽>陰の状態の場合、陽を増やすような習慣を見直すことが大切です。

 

自分の身体の状態を知り、対策を知っておくと、体調を大きく崩す前に対処することができます。

鍼灸施術の中では、陰と陽についてや生活習慣の見直し方についてもご説明しています。

興味がある方は一度体験してみると、新しい発見がありますよ。

2020年5月30日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ

うでの痛みと関係するもの

5月に入り、急に右うでにピリピリと痛みが出たと訴える女性がいらっしゃいました。

痛みは肩甲骨から薬指や小指まで。

 

この症状を東洋医学的に考えてみます。

 

東洋医学では、症状の根本原因を「内臓の働きやバランスの問題」と捉えます。

「五臓六腑に沁みわたる」の五臓六腑が内臓で、とくに五臓-肝・心・脾・肺・腎が重要と考えています。

そして、各内臓にはそれぞれ関係する経絡(けいらく)があり、その中を氣血が流れています。

経絡は身体の中を流れる道路で、氣血は栄養やエネルギーと考えてください。経絡を通して「栄養やエネルギー」を運ぶことで、内臓や身体はきちんと働きます。

 

内臓に何らかの問題があると、関係する経絡の通り道に反応が現れることがあります。

 

この方の症状である、肩甲骨やうで、小指、は「小腸」の経絡が流れていますので、小腸の問題が反応としてうでに現れた、と考えることができます。

小腸は、五臓の心(しん)と深い関係にあります。

 

心は、ストレスによる影響を受けやすい臓で、負担がかかると熱をもつ性質があります。心の経絡は、腋、うで、手のひら、小指を通ります。

緊張すると腋や手のひらに汗をかきますよね?

これは精神的なストレスが心(しん)に影響し熱をもったので、その経絡上に汗をかき、熱を冷まそうとしたんですね。

 

この方は自営業で、コロナウイルスの影響で業務内容の変更や対応に追われ、かなりストレスを感じていたようです。

その影響が、心(しん)と関係の深い小腸の経絡上に現れたと考えられます。

 

ストレスで身体は熱をもった状態ですので、冷ましてあげないといけません。

その役割をする内臓が「腎」です。

そのため、小腸と関係するツボに鍼をして熱をさばき、腎の働きをしっかりさせて熱を落ち着かせます。

 

このように、うでが痛いからうでだけをみる、のではなく、身体のバランスを考慮して内臓に働きかけるので、他の症状も変化していく可能性があります。これが東洋医学の大きな特徴ですね。

2020年5月23日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ

在宅ワークの影響

新型コロナウイルスの影響で在宅ワークとなり、眼精疲労を感じる方が増えているようです。

パソコン作業やスマホを見る時間の増加が、少なからず影響しています。

 

東洋医学的に考えてみます。

まずは「陰と陽」の視点から。

陰と陽を分類すると
陽…熱、火、上、動
陰…寒、水、下、静
といった感じです。

 

パソコンやスマホの画面からの光刺激は、神経をたかぶらせます。神経がたかぶる=興奮状態は、動的なので「陽」と考えられます。

長時間この状態が続くと、身体のバランスは陽に傾いていきます。陽に傾くと、反対の「陰」は減ります。

陰には水が分類されていますね?

陰が減るということは潤す働きが減る、ということでもあります。

そのため、「目が渇く」という症状が出てきます。

 

次は内臓の視点から。

「五臓六腑にしみわたる」の五臓六腑が内臓で、とくに「五臓-肝・心・脾・肺・腎」が重要と考えます。

目への光刺激は、五臓の心(しん)に負担をかけます。

心は「陽中の陽」と表現されるように、陽の要素がとくに強い内臓で、負担がかかるとさらに陽が強くなる性質があります。

パソコンやスマホの光刺激→心に負担がかかる→バランスが陽に傾く

となります。

目が血走っている状態は、心に負担がかかっていることを表しています。

 

また、パソコン作業は目の焦点がずっとモニターに合っています。

これは目の筋肉が常に固定された状態。

身体でもずっと同じ姿勢を取り続けるとしんどいですよね。目の筋肉がこの状態になっているんです。

そして、筋肉と関係が深い五臓は、「肝」です。

目の「筋肉」に負担をかけることで、肝に負担がかかり、他の筋肉にも影響が及びます。

その結果、肩こりや腰痛、背中の痛み、といった筋肉の問題が出てくるんですね。

 

以上をまとめると、

パソコン作業やスマホを見る時間の増加は、身体のバランスを「陽」に傾け、

内臓では、「心や肝」に負担をかけます。

 

対策としては、

・1時間に1回は席を立ち、身体を動かす

目や頭を酷使すると、気が上っていきます。適度に身体を動かすことで、上に上った気を全体にめぐらすことができます。

気が上に上ったままだと、めまいや頭痛を引き起こすこともあります。

・目の焦点距離を変える

極端に近くを見たり遠くを見たりして、目の焦点距離を変えることで目の筋肉をストレッチすることができます。

・夜は目を休める

夜は陰の時間帯。夜はパソコン作業やスマホはできるだけ減らし、遅くても日付が変わる前には就寝しましょう。

 

もちろん、鍼治療で身体を整えるのもおすすめです(^_-)-☆

2020年5月16日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ

もう夏です

5月5日は「立夏」でした。

 

暦ではもう夏なんです。

実感では、まだまだなんですが…(*^^*)

 

夏は陽気が盛んな季節。

「陽」には、活動的、熱、外、上といった要素がありますので、エネルギーが外へ外へと向かっていきます。

自然に目を向けると、緑が生い茂り動物たちが活発に活動していますね。

 

季節が変われば、私たちの生活もそれに合わせて変化させないといけません。

心身ともに活動的にして、身体の氣血をめぐらせてあげます。

氣血というと分かりにくいですが、エネルギーと栄養、と考えてください。

氣血がめぐらないと、気持ちがふさぎ込みがちになったり、胃腸の働きが悪くなったり、筋肉がこわばりやすくなります。

 

そこで、養生法としては適度に身体を動かすことです。

おすすめはランチ後のぶらぶら散歩です。

ポイントは、筋肉を鍛えよう、運動してしっかり汗をかこう、ではなく「ぶらぶらとリラックスして歩く」ことです。

 

また、活動的なことは日中に行いましょう。

夜にウォーキングや運動をされる方がいらっしゃいますが、本来「夜は陰の時間帯」

ゆったり過ごすことがおすすめの時間帯です。

 

最近は、外出自粛要請があり家にこもる時間が増えました。

ストレスを感じイライラも増えるかもしれませんね。

これも、氣血をめぐらすことができないからなんです。

感染しないことは最優先事項ですが、氣血をめぐらすことも大切なので、なんとも悩ましいですね。

 

三密を避けて、太陽の光を浴びながら適度に身体を動かす工夫をしてみてください。

 

もちろん、鍼施術でも氣血をめぐらすことができます。

適度な運動と組み合わせると効果がアップ!

2020年5月9日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ

ステイホーム週間におススメ

今年のゴールデンウィークは、ステイホーム週間。

 

休校延長に外出自粛などで、心身のストレスが高まりますね。

また、テレワークで通勤がなくなり家では座っていることが多く、身体を動かす機会が減っている方もいるのではないでしょうか?

 

イギリスのダービー大学の研究では、

「自然とのふれ合いにより、副交感神経は活性化する」

と報告されています。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

車でいうとアクセルが交感神経で、ブレーキが副交感神経と例えられます。

活動的なことをしていたり精神が緊張しているときは交感神経が優位となり、リラックスしているときは副交感神経が優位になっています。

 

東洋医学的に捉えると、交感神経は「陽」で副交感神経は「陰」に分類されます。

緊張感や高ストレスの状態が続くと、身体は陽に傾きやすくなります。

その影響で、頭痛や肩こり、イライラ、耳鳴り、腰痛、睡眠障害などが出ることがあります。

 

自然とふれ合い副交感神経を活性化させる、ということは

「陰を増やし、陽に傾いたバランスを整える」ことにつながります。

森や公園をぶらぶらと散歩してみるといいですね。

ただし、三密は避けてくださいね(^_^)

 

ここでのポイントは、「ぶらぶらと散歩する」ということ。

汗をダラダラかくような運動や筋トレを意識した運動ではなく、「身体を動かす」ことを目的にしてください。

 

また、この自然とのふれ合いは「偽物の自然」でも効果があるといわれています。

外出は控える、という方は、

PCやスマホの待ち受け画面を自然風景にしたり、スピーカーから川のせせらぎや風の音を流すのもOK。

 

不安や緊張が高まる今こそリラックスして、心身の健康を保ちましょう!

2020年5月2日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ