院長室

« 12月 2021 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

保湿してる?

今年もこのネタを投稿する季節になりました。例年より遅いかな?

気温はまだ結構高いですが、乾燥は絶賛進行中です。

 

さて、まずは保湿クリームをやめましょう。(そこから? 笑)

クリームは界面活性剤を含むので、基本的に皮脂を溶かす作用を

持ちます。皮脂は皮膚の一番外側でバリアの役割をし、かつ皮膚

常在菌のエサになるので、皮膚防御にはなくてはならない存在

です。

 

クリーム基剤の外用は、たとえどんな素敵な薬効成分を含んで

いても上記の恐れがあるので、使わないのが無難です。もし自身

が使用しているものが安全か確認したければ、皮膚に油性マジック

で線を引き、その上に塗ってみてください。マジックが薄れたら

皮脂を溶かす可能性があります。

 

ではクリームの代わりに何が良いかと言えば、ワセリンです。

医療機関で処方されるのは「プロペト」とか「プラスチベース」

という名前ですが、成分はワセリンです。こちらの方が伸び

が良いのでオススメです。

 

ワセリンは薬ではないため安全な反面、保湿のために使用する

には少しコツが必要です。一つは少量をよく塗り伸ばすこと。

要はコーティングなので、厚塗りせずしっかり刷り込んでくだ

さい。もう一つが “先に” 塗ること。乾燥してから、かゆくなって

から塗るのでは無く、炊事の前や外出前、就寝前に塗ることが

重要です。特に布団の中は乾燥するので、眠前は必須でしょう。

 

あと保湿成分として「セラミド」が有名ですが、これは皮脂の

下の角質層の間を埋める成分です。レンガを積む際のセメント

みたいなもの。これが層状になることで隙間に水分を保持し、

保湿作用を産むわけですが、このセラミドの生成に必要なのが

コレステロールです。ここでもコレステロールは活躍してるん

ですな。いいヤツなんよ。(笑)コレステロール代謝を維持

するにはビタミンB群でしたね。さらに表皮のターンオーバー

には亜鉛やビタミンDも必須です。

 

乾燥の対処にはワセリン、根本はやはり栄養、なんです。

2020年12月7日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

基礎疾患の有無

東京都と政府が GoTo トラベルの制限を65歳以上の基礎疾患

を有する者に限定、というニュースがありましたね。現在の

感染傾向から見ると、至極真っ当で英断だと思いますが、すごく

言いづらそうにしてた小池さんが印象的でしたな。演技?!

 

さて、ではその基礎疾患とは何か?一般には呼吸器疾患や心疾患、

糖代謝異常を指します。あとは悪性腫瘍等で免疫抑制剤を使用

している方も含まれるでしょう。これらの方が罹患した場合、

重症化率や致死率が高いのは明確なので、一定の行動制限を

要請するということですね。

 

じゃあ、上記の疾患に該当しなければOKだよね、ってことに

なるんですが、栄養療法の観点からするとこれらの診断に至って

いない方でも注意が必要と考えます。例えば糖代謝異常は健診

や人間ドックでは血糖値とHbA1cで診断され、基準範囲内で

あればA判定になってしまいます。しかしながら、血糖乱高下が

起きていると免疫低下に繋がります。そしてそれは見逃されて

いることが多いです。

 

呼吸器、心疾患もレントゲンや心電図で異常がなければ同様の

判断になりますが、例えば喫煙者は肺機能が低下し、酸欠が

起きやすくなります。同時にビタミンCの消費も激しいので、

これまた免疫低下に繋がります。

 

食後に激しく眠くなる場合は血糖乱高下が疑わしいですし、

喫煙習慣がある、または軽度の動作で息切れする、なんて場合

はやはり診断がなくても注意すべきだと思います。現状、

高齢者間での感染経路が疑われていますので、このような

症状を自覚する方は、家に籠もる必要は無いですが、外出後

や食事前の手洗い、至近距離での会話ではマスク着用、を

徹底して行動するのはマストです。

 

この数ヶ月間、既に我々は色々と学んできているはずなので、

過剰な行動制限をせずに感染を抑えることは可能です。

2020年12月3日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

今こそ、鼻うがい

当院ではBスポット療法(=EAT)の補助として鼻うがいをお勧め

することが多いですが、そもそも鼻うがいはEATと関連すること

なく効果が認められていました。

 

なぜ鼻うがいが良いのか?それは粘膜の炎症を抑える効果がある

からだと思います。EATは慢性上咽頭炎に対する治療法ですが、

上咽頭の粘膜は中咽頭や下咽頭に比べ明らかにリンパ球の数が

多く、免疫を担当する部位であることが分かっています。そこに

異物が接することで免疫反応が起き、過剰になると炎症となり

諸症状が出現します。

 

鼻うがいをすることで異物が流され、過剰な免疫反応を起こさ

ないようにするので有効、というですね。これは実はウィルス

感染症にも応用できることです。ウィルスには自己増殖能力は

無く、生物の細胞内に入り込まなければ増殖できません。そして

どこから入り込むかというと、それが粘膜なんです。手洗いを

励行するのは、手の皮膚からウィルスが浸入するから、ではなく

手から粘膜に移行することが多いから、です。眼をこすったり、

鼻をほじったりすんなよ、というのは眼や鼻に粘膜があるから

です。鼻をほじった手で眼をこするのはまた別の問題があり

ますが。(笑)

 

特に鼻の奥の粘膜は常に呼吸により異物に晒されていますから、

炎症は起きやすい状況になっています。寒くなると鼻毛の動き

が鈍くなり、異物を外に排泄する能力が自然と低下するので、

さらに粘膜への負荷が増えます。だからこそ、鼻うがいで粘膜

をきれいに保つことに意義があるわけです。

 

鼻うがいツールは市販でいろいろと入手することができますが、

ボトルの容量が大きく、しみないようにするサーレという粉末

が付属する「ハナクリーンS」がオススメです。サーレは生理

食塩水と同等のものを作るのが目的なので、サーレが無くても

天然塩なんかで自作してもいいでしょう。外出後や寝る前などに

やるのが標準です。最初は怖いですが、結構すぐ慣れますよ。

ウィルス対策の一つに加えてみてはいかがでしょう?(^ ^)

2020年11月30日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

医療、崩壊するってよ

PCR検査陽性者数の増加に伴って、また世間が騒々しくなって

きました。医師会長さん曰く、全国的に医療が逼迫しており

このままでは医療崩壊の危機、だそうです。ホントけ?!

 

この場合の医療崩壊というのは、コロナウィルス感染者のための

治療機器や病床を確保するために他の治療がままならなくなる、

という状況のことです。入院できなくなったり、手術が延期に

なったら大変でしょ?!ってことです。

 

もちろんそれは困るわけですが、そもそも感染が減少している

のにコロナのためにずっとベッドを空けておくなんてしません

から、確保病床は減っていて当然です。それが埋まってきたら

即医療崩壊!になるはずもなくまた増やせばいいだけです。

 

2類感染症指定をまだ外していないので、陽性者は何らかの

隔離が必要になり、そのために入院させていたらそりゃすぐに

ベッドは埋まるでしょう。自治体によって入院や重症判定の

基準が違うので、全国一律に評価できないのも問題です。

例えば北海道では軽症者でも入院させているようで、ゆえに

“医療逼迫”しているみたいです。

 

あと重症者や死亡者数もじわじわ増加しているから危険だ、

とも言われますが、死者の平均年齢がその地区の平均寿命

より高い、なんて場合もあります。堂々と記事にしてますが、

そ、それって寿命って言うんじゃ…(^ ^;)

 

もちろんコロナを軽視しろなんて言うつもりは毛頭ありま

せんが、現状をGo To 事業のせいにしたり、リモートを

減らしたせいにしたり、飲食店営業時間のせいにしたり

するのはお門違いだと思います。生産性のある活動を抑制

する方が、よほど危険だと思います。冬場に増加するのは

自然現象だし、専門家と言われる人もそう発言してたはず

です。もう少し国民を安心して生活できる方向へ導くような

報道なり施策なりを希望するところです。

「no more 緊急事態宣言」!←流行るかな?(笑)

2020年11月26日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

MCTオイル 新入荷

ご愛顧頂いていたリキッドココナッツオイルが生産終了により

終売となりました。そこで新たに、別メーカーのMCTオイルを

販売開始しております。

 

ココナッツオイルを推奨するのは、中鎖脂肪酸(MCT)を多く

含むためですが、MCTって何だっけ?!って方のために簡単に

復習しておきましょう。

 

脂質は体内で利用される際には脂肪酸という形態になりますが、

脂肪酸は炭素(C)が直線的に結合した単純な構成で、その

長さにより長鎖、中鎖、短鎖に分けられます。一般に短いほど

エネルギー変換効率が良いのですが、短鎖はほとんど腸で消費

されてしまうので、実質体細胞では中鎖脂肪酸が一番効率が

良いことになります。

 

脂肪酸はエネルギーとして利用される時、カルニチンという

タンパク質を必要とするのですが、MCTはこれが不要である

ためエネルギー変換効率が良いのです。MCTは3種類あり

ますが、カルニチンを不要とするのはこのうちの2種なので、

厳密にはMCT全てが効率の良い脂肪酸というわけではあり

ません。ウチで使用しているMCTオイルはもちろんこの2種

がメインとなっています。

 

さて、それではMCTが活躍するのはどんな場面でしょう。エネ

ルギー変換効率の良さが売りなわけですから、エネルギー不足

に陥る病態が適応となります。例えば疲れや冷えです。そして

糖質制限食にも良い適応となります。糖質制限は糖質依存度が

高い人の治療法ですが、糖質依存が高いほど脂肪酸利用効率は

悪いので、急激な糖質制限をすると脂肪酸からエネルギーを

作れず却ってぐったりしてしまったり、タンパク質を分解して

糖に変換しエネルギーを賄うので、筋肉痩せを引き起こしたり

します。そんな時にカルニチン不要のMCTを摂っておけば、

これらを防ぐことができるわけです。

 

毎日使って欲しいものなので、これまで扱っていた商品よりも

コスパが良いものを採用しました。お試しや持ち運びに便利な

小ボトルもありますので、この機会に是非MCT生活を始めて

みて下さい!来週からキャンペーンもやるよー。(^ ^)

 

・MCTオイル 360g 1680円(税別)

・MCTオイル 175g 880円(税別)

2020年11月19日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ