院長室

« 9月 2021 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

おけつ

これは誤植ではありませぬ。(笑)実際に血のめぐりが悪い

ことをこう言うんですよ。そしておけつ=瘀血があると

その先は血が届かない=血虚(けっきょ)となります。

 

現在、YouTubeの健康教室では水のめぐり改善に必要な

生薬や処方を紹介していますが、こちらの血のめぐり系

も意外と重要なんですね。特に下腿の血流悪化や下腹痛、

ほてりなど。

 

もちろんこれが原因だ!と言うわけではないですが、

西洋薬ではなかなか良い手がない場合、こういう漢方薬

はとても助かります。そう、漢方薬って西洋薬の補完

なんですね。

 

西洋薬と漢方薬は同じ薬ではありますが、土壌は違い

ます。どちらがどれだけ効いたか?よりも、まずは

西洋薬と漢方薬では効果に違いを感じるか、あるいは

問題なく服用できたか、が大事です。当然場合によって

は両方を服用する場合もあります。

 

漢方薬が浸透してきたのは、とても良いことだと感じ

ますが争いを産んでは元も子もありません。なんせ平和

主義者ですから。(笑) ただ、西洋薬と漢方薬の効能を

理解するには、最低限その理屈は知っておく方がいい

かも。この症状は水だな!とか、じゃあこれを飲むの

はどうかな、とかね。

 

現在はまだそこまでではないかな…ってことはまだまだ

浸透させる楽しみはあるってことで。(^ ^)

2021年6月14日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

サバを食そう

いや、まあアジでもいいんですが。僕たちの身体は、炎症

の有無によって随分と変化をします。炎症があると鉄は

身体を巡りませんし、その他の栄養もまた然り。血液検査

で何らかの炎症がある場合、即座にその原因までは分から

ないので、ひとまずEPA・DHAを摂るのがお勧めです。

 

さて、そのEPA・DHAですが基本的には青魚に多く含まれ

ます。ですから、サバやアジは是非とも炎症傾向がある人

にお勧めの食材になります。これらの脂肪酸は抗炎症作用

を持つ物質を分泌するからです。

 

で、これらの脂肪酸は多価不飽和脂肪酸と言って自分の

身体で作ることはできないので、食材に頼ることになり

ます。「お、知ってる!オメガ3だべ!」と躍起になる

ことなかれ、実際には全てのオメガ3が同様の性能を

有しているわけではないんですね。

 

例えば、亜麻仁油に含まれる「αリノレン酸」は体内で

代謝されてEPA・DHAになりますが、その過程には幾つ

もの代謝酵素が必要になります。そしてその酵素の活性

にはミネラルやビタミンがまた必要なんですね。もちろん

摂ってはアカーン!ってことではないですが、既に体内

に炎症傾向がある人にとっては、やはり青魚の方が速い

んですね。

 

さらに言うと、EPAはDHAになるんですが、ここも実は

全ての代謝が上手く行くとは限らないそうです。最近は

DHAのみのサプリメントも出ているくらいです。より

炎症を強く抑えるためには、食材ではやはり青魚が、

そしてサプリメントではEPA・DHAが良いと思います。

2021年6月10日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は抗癌治療として有名になっています。

これはまた詳細を見て欲しいのですが、要はビタミンCが

高濃度になると癌に対する効果が出る、ということです。

そして、それは口腔経由で達成されるレベルではないん

ですね。

 

おお!スゲー!…となりそうですが、実際にはそんな簡単

ではありません。ビタミンCはとても重要なビタミンである

のと同時に、身体に配られる順番が決まっているのです。

最もたくさん供給されるのは副腎なんです。

 

つまり、もの凄い副腎疲労があったり、それを助長する

ような食事をしている場合は、そちらにビタミンCは供給

されてしまうので、結果的に十分な血中ビタミンC濃度に

達しないのです。これが難しいところなんですよ。

 

特に、抗癌作用を発揮するには血中の糖濃度がそれほど

変動しないこと、そして酸素欠乏環境が悪化しないことが

重要になります。ここを疎かにすると折角のビタミンCも

ヘソを曲げます。ということは…まあお察しの通りです。

 

特に日本人にとっては癌対策は結構必須です。その一つに

ビタミンCが挙げられるのはとても素晴らしいことと思い

ますが、それを際立たせるためには糖を摂取する順番と

酸素欠乏にならないためのアプローチが重要になります。

きっと、皆さんや皆さんの周辺の方にも大切な情報になる

はずです。

2021年6月7日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

キズがちらほら

例年ほどではないですが、気温上昇でケガの症例が増え

始めました。詳しくは、当院の治療ページを見て頂きたい

ですが簡単に言うと“消毒薬とガーゼを使わない!”という

方法です。

 

いわゆる手術にならないような軽微な外傷は、何となく

上司の処置を盗み見して自分流に仕上げてきました。ここで

問題がなければ良いのですが、意外とトラブルの種があり

結局患者さん自身の身体にも、経済面でも「?」な結果に

なっていたのです。

 

現状の処置に行き着くまで、提唱者の夏井先生を初め、

幾つもの諸問題を解消してきましたが、恐らく一番効果が

高いと思います。一番のメリットは意外にも医療用品で

なくても応用可能、という点でしょうか。

 

ちゃんとキズが治る仕組みを理解していれば、例えば

屋外であっても日用品を利用して対処が可能です。これは

大きい。そしてそれを先生に伝えれば、さらに褒めて

貰える。これもまた大きい。(笑)とにかく日常的に頻発

する病態なので、ここから日常的に広めて行ければ、

もっと恩恵を受けられるはずでしょう。

 

惜しむらくは、まだまだそれが一般化していないという

点です。これから、お子さんや御家族など「あ!」という

ようなケガが増えると思います。できればその前に、

ケガが治る仕組みを身に付けておくと良いと思います。

2021年6月3日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

漢方の味

梅雨も深まってくると、気圧変動での頭痛やめまい・ふら

つきが増えます。また汗が増えると皮膚のトラブルも増える

ことでしょう。それらの症状を抑える漢方薬の味って知って

ます?

 

気圧変動で出る症状に対しては、基本的に“水”を巡らせる

生薬を用います。これらは幾種類かの味がありますが、

多くは甘味です。糖尿病の方は水の代謝が悪いことがあり

ますが、これと関連があるのでしょうかね。

 

しかしながら、お菓子やお米で水の巡りが改善するわけ

ではないのでご注意を。よっしゃー!明日はパフェでも

食べるか!は間違いです。(^皿^) 茯苓(ブクリョウ)とか蒼朮

(ソウジュツ)が有名ですが、是非とも原材料を調べてみて下

さい。

 

対して、かゆみに対する生薬はほとんどが苦味です。苦味

はかゆみやイライラを抑える作用があるとされております

が、その根本は暑さ対策です。暑気が盛んな気候では、

意外とゴーヤなどの苦味成分の多い野菜が多いものです。

これを地味に食することで諸症状に対抗していたので

しょうね。

 

かゆみやイライラは実際には暑気に関係なく出る場合が

あります。そういう場合は苦味のない生薬を用いることに

なりますが、何が根本にあるのかを見極めるのが難しい

です。

 

そんなわけで、僕が出す漢方薬が不味くてもまあそういう

決まりですんで(笑)、なんとかうまいこと飲んでやって

下さいませ。

2021年5月31日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ