院長室

« 3月 2021 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

筋肉をつけるには

痩せること以上に難しいのが筋肉をつけることです。ビルド

アップそのものが競技の場合はさておき、通常人が健康増進

の目的で筋肉量を増加させるにはそれなりのテクニックが

必要です。

 

筋肉の原料はもちろんタンパク質です。では肉や魚、卵を

たらふく食べれば筋肉になるかというと、そう簡単ではない

のです。まずタンパク質はそのままでは吸収されないので、

一旦アミノ酸レベルまで分解されます。小腸で吸収された後、

肝臓で再度タンパク質に合成されて筋肉などのパーツになり

ます。

 

つまりまずアミノ酸まで分解できるか、腸は効率よく吸収

できるか、肝臓での再合成はスムーズか、という3つの壁

をクリアしないと効率よく筋肉にはならないんですね。

そしてもし吸収がうまく行かないと、腸内悪玉菌のエサに

なってしまい腸内環境が悪化する、というオマケ付きです。

例えば肉類を増やして便やガスが臭くなる人はうまく吸収

できていない可能性があるので、タンパク質の増量は中止

すべきです。

 

さらに、エネルギー代謝が悪い人は吸収したアミノ酸を

エネルギー合成に使用してしまうので、狙い通り筋肉に

なりません。難しいでしょう?(^ ^;) ま、そもそも疲れ

やすい人は筋トレしようなんて思わないでしょうけど。

 

対策としては、タンパク質ではなくアミノ酸のサプリメント

を使用し分解と吸収の手間を省くこと。そして再合成に

必要なビタミンB群をしっかり摂ること。エネルギー変換

効率のよいMCTオイルを摂取しアミノ酸を無駄に消費しない

こと、が挙げられます。ちなみにBCAA(分枝鎖アミノ酸)

は筋肉に多く含まれるためトレーニングの際に愛用されがち

ですが、他のアミノ酸の吸収阻害に繋がる可能性が指摘

されているので単独での使用はあまりお勧めしていません。

 

裏を返すと、タンパク質代謝の向上はエネルギー代謝や

腸内環境の改善なくしては成し得ない、ということです。

筋肉が効率よく増え始めたら、栄養療法のゴール付近に

いる、という見方もできるわけです。

2021年3月11日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

運動が先?食事が先?

「巣ごもり生活で運動不足になって太っちゃってさー」って

耳にすることがありますが、さてコレ本当?

 

この根底には「運動でエネルギーを消費して痩せる」という

考え方があります。だからこそ運動不足ではエネルギー消費

が減る=太る、となるわけですね。実は少し間違いがあり

ます。運動してエネルギーを消費し、そのまま何も食べなけ

れば痩せるでしょうけど、運動後に消費エネルギー以上を

摂取すれば太り得ます。

 

つまり運動だけで痩せるのは少し無理があり、やはり何を

食べるかに留意する必要があるのです。例えば、運動後に

おにぎりを食べるとか、糖質入りのスポーツドリンクを飲む

とかすればインスリンが過剰分泌し脂肪合成が亢進します。

インスリン分泌にも個人差がありますから一概に言えない

ですし、糖質が悪者というわけではないのですが、いかに

血糖変動を起こさないような食べ方をするか、はここでも

重要になるわけです。

 

なので、冒頭のセリフは「巣ごもり生活で運動不足になり

消費以上に摂取したから太っちゃってさー」が精確です。

その摂取内容が糖質なら尚更ですね。体重計の数字に

ショックを受けて (^ ^;) 急に運動しても痩せません。是非

とも食事も並行して見直してください。

 

もちろん運動に意味がない、というわけではありません。

巣ごもり生活で座位が長時間になれば、腰や首背肩周囲の

関節が硬くなり筋肉はこわばります。これらをほぐす、

という目的での運動は当然効果があります。痩身は運動

だけでは困難ですが、関節筋肉には有効です。運動は

有意義ですが、闇雲にやらず目的に合わせてメニューを

組むことがとても大事です。

2021年3月8日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

花粉症とビタミンD

コロナウィルス関連でビタミンDが免疫に良いよ、と話題に

なりました。これまで花粉症症状とビタミンDの相関は紹介

してきましが、はて、どちらも正しいの?

 

そう、どちらも正解です。ウィルス感染症と花粉症に共通

するのは「粘膜防御」です。ウィルスも花粉も粘膜から侵入、

あるいは粘膜で感知するので粘膜の機能に大きく左右される

のです。そしてその粘膜の機能に深く関与するのがビタミンD

なんですね。

 

ビタミンD不足は血液検査で分かるので、一度は検査して

みることをお勧めします。不足していた場合はビタミンD

を多く含む食材を増やしたり、サプリメントで補助したり

しますが、そもそもビタミンDは体内で合成可能なビタミン

なんです。お、じゃあそれを後押しできればさらによい、

ってことになりますね。

 

それはその通りなんですが、ビタミンDはなんとコレステ

ロールを原料にして作られるんですよ。コレステロールは

悪役の代名詞みたいにされており (^ ^;)、低い方が健康で

あるように捉えられがちですが、低すぎれば即ちビタミンD

合成に支障が出るということです。コレステロールを下げる

薬を飲みながら花粉症の薬も飲む、ってのはある意味マッチ

ポンプなんですね。

 

さらに、副腎から分泌されるコルチゾールや性ホルモンも

コレステロールから合成されるので、ビタミンDはホルモン

と同族と見なされます。ホルモンは必要に応じて自身で

合成するのが基本なので、外から取り入れるのは慎重になる

べきです。我々が保険のビタミンD製剤を使用しないのは、

自身の合成能力を阻害する恐れがあるからなんです。

 

そしてコレステロール代謝に大きく関与するのがビタミン

B群です。そうするとビタミンD不足の改善に豚肉も有用、

となるわけです。これから気温が上がれば花粉飛散量も

増えます。栄養不足の視点からも治療ができると尚良い

ですね。

2021年3月4日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

病名が邪魔くさい

自身の不調は何から来るのか?誰しもが気になるところです。

そこで「病名」つまり「診断名」は何なのか?という問いに

繋がるのは自然の流れではあります。

 

至極自然なのですが、これが実は少し厄介で初診の段階では

診断名が確定しないこともあるのです。しかしながら保険

診療上、全ての行為に診断名が必要なので暫定的に診断を

つけて診療を開始、継続することになるのです。そのため

後から診断を変更することもしばしばです。

 

特に漢方診療や栄養療法では独自の診断系統があり、それに

則って指導や処方をするのですが、この場合の診断名は保険

病名には含まれないので、ここでも暫定的な診断名が必要

となります。瘀血とかビタミンB不足って診断名をつけても

保険は通らぬのデス。

 

診断名を知ることで安心される場合もあるので、良い場面

もあるのですが、病態理解が無視されると治療に繋がり

にくいものです。例えば、頭痛を主訴に来院された方に

「偏頭痛ですね。」と言って鎮痛剤を処方しても、なぜ

頭痛が出るかに言及できなければ根本解決にはならない

ですよね。

 

また診断名が分かると、ネットで検索してその情報を元に

独断で治療を始めてしまう場合もあります。それで良く

なれば問題はないですが、より病態を複雑にしてしまう

こともあります。あるいはネットの情報で怖くなって

余計な不安を感じてしまうことも。(^ ^;)

 

診断名は重要ではありますが、暫定的な側面もあること、

必ずしも病態を説明できないこと、を知っておく方が

精神衛生上、良いかも知れません。

2021年3月1日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

ワクチンは切り札か

コロナウィルスのPCR検査陽性者数は右肩下がりで、重症者

も順調に減っているのに何故か緊急事態が続いておりますが、

これからはワクチンが話題の主役になっていくでしょう。

 

健康教室でも少し触れましたが、ワクチンは抗体産生を促す

ためのツールなので、直接的な感染予防効果はありません。

感染した後に発症を抑制するとか、症状を軽減するのが

役割だからです。まあ症状を抑えられる結果、人に感染させ

づらくなれば感染予防と言えるかも知れませんが、いずれに

しても間接的な効果です。ちなみに発症してから打っても

治療効果はありません。また抗体ができたとしても数ヶ月で

消えるようです。

 

さて、こういう性質であるワクチンをあたかも「感染予防」

ツールのように喧伝し、切り札であるかのように祭り上げる

のは却って誤解を招くことになり危険な気がします。非接種

者への同調圧力や排除に繋がったら最悪ですね。

 

ではどういう人に接種を勧めるべきか。それは発症したら

重症化する可能性が高い人と、感染者と接触する機会の多い

人です。前者は高齢者や有基礎疾患者で、後者は現在治療に

あたっている方や高齢者施設で勤務する職員などです。

 

逆に重症化や死亡例のない小児は何のメリットもないので

接種する妥当性は低いです。妊婦や授乳者もそもそも安全性

不明とされているので対象から外れるでしょう。現在、医療

従事者の優先接種が始まろうとしていますが、ウチみたいな

低リスクのクリニックよりも高齢者施設の職員を優先すべき

と思います。

 

ワクチン賛成 vs 反対、ではなく上記のようなことを考慮に

入れて個人で判断すべき事案です。特に日本は幸せなことに

世界的に見て特に死者が少ないわけですから、その余裕が

あって良いはずです。ワクチン開始が社会を明るい雰囲気に

するのなら喜ばしいですが、“マスク警察” みたいにギスギス

してしまうなら逆効果とも言えるでしょう。

 

…ってエライ人が発信してくれないかなぁ。(^ ^;)

2021年2月25日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ