症例報告

« 12月 2021 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

かゆみはツライ

・よくかゆみは「一番我慢できない症状」と言われますが、悩んでおられる方は結構います。掻いてしまうとキズになって余計かゆくなるなんてこともありますし、夜中にかゆみで起きて寝不足になる方もいます。漢方でもかゆみに対する薬は数種類あるのですが、バチッと効くことは少ないです。かゆみは皮膚だけの問題ではなくて、それこそ内面を映す鏡だと思います。だからこそ治療も難しいのでしょう。
・その中でも効果があった症例を。20代の女性で長年じんま疹で悩んでいます。皮膚科からは抗アレルギー剤の内服と、悪化した時のステロイド内服を処方され、なんとか小康状態を保っています。この方には、当帰芍薬散という薬と柴胡桂枝乾姜湯という薬を処方しました。どちらもかゆみの薬ではないのですが、体質や診察所見から決めました。これがなかなか効いて、今ではステロイド不要、抗アレルギー剤を減量してもじんま疹は出ていません。まだ経過は追って行かなくてはいけませんが、困っていた症状がなくなって患者さんと一緒に喜びました。じんま疹のような難治な病態に立ち向かえる漢方薬はやはりすごいなと思います。

2009年6月19日 金曜日

カテゴリー 症例報告 院長室

タグ

海の幸

・この土日は友人の主催する会に参加するため久々に第2の故郷、北海道に行ってきました。場所は岩内という場所で、小樽よりもさらに西の海沿いの町。岩内と言えばアワビ!なのですが、これがまたすこぶる絶品で刺身、焼き、鍋、とまさにアワビ三昧。その他の海産物もとても美味でした。北海道と言っても広大なので、その土地によって得意のお魚も違うのであります。道東の方では、なんとししゃもの刺身があったりします。これは食べられる期間が非常に短いので、まだ食べたことがないのですが、いずれ食べてやろうと思っています。会で出会った方々も魅力的な方が多く、密度の濃い時間を過ごせました。ありがとうございました。
・あ、新しいHPは今月中になんとか…。(小声)

2009年6月1日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

ドリフ

・気付けば1週間以上更新をサボっておりました。待合室に常時流している「ドリフターズ」のDVDに変わるものはないかとあれこれ観ていた次第です。普通にテレビ番組を流しても良いのですが、少し「クスッ」と笑える方が心も軽くなるかな、と思って開院からずっとドリフを流しているのです。重い雰囲気の待合室は待つだけでストレスですもんね。
・というわけで、今人気の「アメトーク」、昔懐かし「元気が出るテレビ」、個人的趣味の「水曜どうでしょう」なんかを観ましたが、やはりドリフに敵うモノはない。結局ドリフの偉大さを再確認しただけでした。(笑)しばらくまた、ドリフ時々プロ野球中継です。

2009年5月25日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

杜の市

・今日は近所の真清田神社境内にて「杜の市」が開催されました。天候にも恵まれて、というかかなり暑い中、多くの人出で賑わいました。知り合いがタンドリーチキンの出店をしましたが、早々と完売したそうで、僕はありつけなかったです。オミゴト!と言っても昨日飲み過ぎたせいで食欲ありませんでしたが。ナサケナヤ。
・その他にも各種雑貨などがあり、色々見て回るだけでも楽しかったです。平日近所は閑散としてますが、工夫次第で人は集まってくるかも知れません。

2009年5月10日 日曜日

カテゴリー 院長室

タグ

雨、雨

・連休最後の日はあいにくの天気ですね。高速道路は予想通りの大渋滞だったみたいで、遠出された方は連休疲れ(?)が貯まっているのではないでしょうか?しっかり休んで明日に備えて下さい。ウチも今日は休診ですが、僕は出不精でどこかに出かけることもないので、雨天は全くカンケーないです。(笑)
・雨天時に調子が悪くなる方がみえますが、漢方的にはそれは「水毒」という病態です。雨の日は膝が痛いとか、古傷が痛むとか…。こんな痛みには痛み止めはあまり効果がないようで、水分バランスを調整するような漢方薬が効く場合があります。「水毒」状態は舌の状態で分かることがあります。舌の縁に歯形が付いてキザキザしている方は、高率に「水毒」状態です。心当たりのある方はチェックしてみて下さい。

2009年5月6日 水曜日

カテゴリー 院長室

タグ