院長室

« 12月 2021 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ポジティブ締め

今日、本年の診療を終えました。色々な出来事があったけど、

コロナで消し飛んでしまいましたね。(^ ^;) 幸い日本では他国

に比べ死者も重症者も格段に少なく、経済は維持できる…はず

でしたが、過剰な防衛策が採られて結局は冷え込んでしまった

のが悔しい限りです。

 

苦境になるとこれまで見えなかった問題が明らかになることが

あります。日本で言えば、政府決定の遅さ、医療の制度疲労など

が挙げられると思います。メディアの偏向も露見しましたね。

テンパると素が見える、みたいなもんかな。(笑)

 

問題が明るみに出るということは、裏を返せば改善点が明確に

なるということで、チャンスでもあります。実際、政治や医療に

興味を持つ方は増えたでしょうし、情報の仕入れ方が変わった

人も多いと思います。「怖い」と言って閉じこもるだけでは

進歩どころか退化してしまいます。「何で怖いのか?」と自問し

それは対処可能なのかそうでないのか、できるなら何から手を

つけるべきか、という風に論理立てて思考することが結果的に

余裕をもたらし、新たな発見に繋がると思います。

 

個人的には診療で最後に何を言うか、を意識するようになり

ましたね。「〜はダメよ。」で終わるとネガティブなイメージ

に引きづられ取り組みに前向きになれない傾向を感じたので、

「〜はダメだけど、〜はOKだから。」と最後は肯定で締める

ようにしました。まあルーズになってる時は厳しく言ったり

しますけど。(^ ^;)

 

コロナ対策だって、よくよく聞けば外出や外食を禁止している

わけではないのに、あっという間にあらゆる場所が閑散として

しまいました。これも「〜は控えてください。」という締めに

影響されているのではないかと思うのです。来年以降、沈滞

したムードを変えていくためには、希望が持てる言葉、やる気

になる言葉で締めるようにするのが有効じゃないでしょうか。

我々もネガティブなワードに影響されないようにしながら。

ちなみに「頑張りましょう!」で頑張れるお人好しはいない

ので、ポジティブワードにはなりませぬ。なるべく具体的に

言う方が良いですね。(^ ^)

 

ウィルス感染は天災と言ってよいと思いますが、対策のまずさ

は人災です。実際に感染症で亡くなる方の総数は去年より減って

いるのに、自殺者は増加傾向にあります。これはコロナのせい

で済ませてよいと思いません。コロナ対策が近視眼的になって

いたせい、とは言えますが。

 

僕たちレベルでは政府の施策もメディアの姿勢も変えるのは

困難ですが、ポジティブで締めることは可能です。そしてそれで

ムードは変えられるのではないかと思います。この投稿が少し

でもポジティブな影響を与えることを願って。。。

 

本年も当院を御利用頂き誠にありがとうございました。来年も

どうぞよろしくお願い申し上げます。よいお年を!m(_ _)m

2020年12月30日 水曜日

カテゴリー 院長室

タグ

減薬、休薬

栄養療法をやっていると薬は使用しない、と思われることがあり

ますが、それは誤解です。知らないうちに “自然派ドクター” と

評されたこともありましたが(^ ^;)、普通に薬使ってます。

 

重要なのは、それが適切なのかということと、減らす手段を

持っているか、ということだと思います。薬は苦痛を取り除く

意味では素敵なものです。それが「飲まないと不安で」とか

「効果分からんけど飲んどく」となると過剰投与になる恐れ

が出てきます。薬は効果がなければ単なる異物なので、飲む

べきではありません。要はメリットとデメリットのバランスを

常に気にするってことです。

 

また仮にメリットがあったとしても、中止したら症状が元に

戻ってしまった、なんてことはしばしばあります。なので、

薬物治療と並行して薬物療法から離脱するための治療をする

のが理想となります。これが医療者側、患者側ともに蔑ろに

なると薬物一辺倒の治療となり、副作用の問題が表出するの

です。薬はそれそのものが悪いのではなく、使い方を含めた

戦略性の無さが問題なんです。

 

では減薬や休薬をスムーズに行うための治療法とは何か、僕の

場合はそれが食事指導を含めた栄養療法というわけです。

かねてから「専門家になりたくない」と言って物議を醸し…

てはいませんが(笑)、栄養療法に凝り固まって症状緩和を

疎かにすれば患者さんは無用に苦しむだけです。専門家として

道を極めるのももちろん価値がありますが、偏らず状況に

合わせて優先度の高いものを提案する、という姿勢がないと

本末転倒になってしまう恐れがあります。栄養療法だってどう

いう目的でどういう戦略で行うか、がなければ大抵は続き

ません。「専門家」の負の側面とも言えます。

 

まあそんなわけで治療法にはそれぞれに特徴が有り、長所も

短所も併せ持っています。治療のゴール設定によってもそれは

変化し得るでしょう。個人的には職人的な専門家にも憧れます

が、今は俯瞰できる戦略家でいたいと思います。

2020年12月28日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

医・食・住?

日本医師会会長の「医療が一番!」発言が物議を醸しております

が、そりゃまあ医療が重要なのは誰でも知ってることで、会の

トップが産業の貴賤優劣を述べるのはいかがなものか、ってこと

で炎上騒ぎになっているんですね。

 

特にコロナ感染に関しては、最初の混乱から半年以上の時間的な

猶予がありました。冬に再拡大するのも想定内でした。ならば

先手を打った対策ができたはずなのに、この期に及んで再び強度

の自粛を要請する、しか言えないことが火に油を注いだんでしょう。

同じ医療者としてなんか申し訳ないっす。(^ ^;)

 

生活の基本は衣・食・住ですが、それすらも別に優劣を決めて

いるわけではなく、これらが疎かになると生きていけないよ、

ということです。医療に置き換えて言えば、僕は食欲、睡眠、

排泄が重要と考えています。食べたいというより時間が来たから

食べてる、眠れてはいるがリアルな夢を見る、排便しても残った

感じがする、などは病気とは言えないですが、不調のサインと

捉えます。

 

敢えて優劣をつければ、やはり食欲でしょうか。食欲があっても

すぐに満腹になってしまう、とか腹が張って途中でやめてしまう、

とか、逆に異常に食欲があってすぐに腹が空く、なんてのも実は

サインだったりします。こういう場合は原因はさておき、効率

よく吸収されていないことがしばしばなので、結局様々な不調を

招いてしまいます。

 

栄養学的に云々よりも、まずはゆっくり時間をかけて食べること

が何より大切です。仮にとても良いものばかりの献立でも早食い

しては元も子もありません。それが消化の負担になり上記のような

サインを誘発し得るのです。自粛要請の影響で忘年会こそ減って

いますが、年の瀬で忙しなかったりそれこそコロナで様々な

ストレスにさらされていたり、と食べる時間にゆとりを持つこと

を忘れがちではないでしょうか?

 

じっくりよく噛んで、たまに微笑んで(笑)食べることが健康

への入り口です。

2020年12月24日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

熱戦

いやー、近年稀に見る熱戦でしたね。え?もちろんM−1グランプリ

のことですが、何か?しっかり書くと3部作くらいになる(笑)の

ですが、触れないわけにはいきませぬ。なんせ1年で1番楽しみな

日でしたから。(エエッ)

 

今年のM−1は初出場組が多く、全体的に知名度が低いコンビが

占めていたため結構前評判は低めでしたね。でも蓋を開けてみたら

かなり高いレベルで拮抗してて、良い意味で期待を裏切られました。

決勝3組は本当に甲乙付けがたかったでしょう。審査員に同情

するわ。まあでもM−1の審査員は的確なコメントをするので凄く

勉強になるでしょうね。ネタ直後にレジェンドが解説してくれるん

だもの。THE W の審査になっていない審査員のコメントに比べる

と雲泥。(^ ^;)まああれは人選おかしいと思うけど。

 

漫才という視点で見れば見取り図が正解なんでしょうけど、LIVE

での一発イベントは当日の爆発力にどうしても左右されてしまうので、

マヂラブでいいとは思う。だが結局、全体的に奇をてらったネタが

増えるのでは?という危惧もあるのですよ。技巧で攻めるか意外性

で沸かすか、戦略は難しい。ただ、両立できないわけではないし、

それをやってのけてスターになったのがサンドイッチマンなので、

これからも極端に振れず、ハイブリッドなネタを目指して勝負して

欲しいと思うのであった。(←誰?)

 

あとテレビだから仕方ないけど、エグいくらいCM多かったし、

過剰に漫才師を勇者扱いするのは却って醒める。最終発表前のCM

はもはやネタなので許すが、開始前30分はほぼいらんやろ、と。

芸人さんの素顔とか生活とか興味ないわけじゃないけど、まずは

純粋な気持ちでネタを見たいので、余分な演出は邪魔くさいのよね。

まあ人気商売の側面もあるから、ネタ以外にも個性を売りにする

のは間違いじゃないけどさ。ただ観る側がそっちに引っ張られると

またネタの純度が落ちる気もする。敗者復活も相当にレベルが

高かったけど、明らかにスベっていたぺこぱが3位ってのがその

象徴かな。ちなみに僕は、学天即、コウテイ、からし蓮根に投票

しました。推しは滝音。ランジャタイはやべー。

 

でも1日中活きの良い漫才漬けになるってのは幸福ですな。感謝

です。結構疲れるけど。今日は休診にしようかと思ったけど。(コラ)

…というわけで、第1部完。えー、やっぱ3部作なんかい!

もうエエわ、どーも、ありがとーございましたー!(^ -)

2020年12月21日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

「から」「しか」をやめる

今年もあと2週間あまり。忘年会が中止になったりで自宅で

過ごす時間が長くなることでしょう。で、いつもより留意して

欲しいのが糖の摂り方です。

 

これも耳タコでしょうけど、糖質制限と糖質摂取量減少は同義

ではありません。糖質制限の最大の目的は血糖値の乱高下を

防ぐことで、それを達成するには量を減らすことは無意味では

ないですが、最初にやるべき事ではありません。

 

血糖乱高下はインスリンの過剰分泌の結果です。インスリンは

血糖降下作用のある唯一のホルモンですが、それゆえに高血糖

になると一人で頑張ります。なんせ代わりが居ないので。孤独

なヤツなんですよ。(笑)で、それが続けば疲弊します。疲弊

しても代役がいないので人数を増やして対処しようとします。

これが空腹時のインスリン過剰に繋がります。こうなると少量の

糖質でも過剰にインスリンが出てしまうので、却って低血糖反応

を起こすようになってしまい、結果また糖が欲しくなるという

悪循環に陥ります。

 

血糖の乱高下が起きると、それを補正しようと今度は血糖上昇

作用のあるホルモンが過剰分泌されます。この代表がアドレナリン

で、交感神経刺激作用も有するため自律神経症状を伴うように

なってしまうのです。とにかく血糖値は穏やかに推移するのが

一番良いのです。

 

そのために最も効果的なのが「空腹で糖を摂らないこと」なん

ですが、こう言うとどうも「糖を食べるな!」と言われていると

勘違いして、この世の終わりみたいな顔をされる方がみえます

が(^ ^;)、誤解を招かないために最近は「から」と「しか」を

やめてね(ニコッ)、と言うようにしてます。つまり糖「から」

食べるとか、糖「しか」食べないってことを慎むという指導です。

まあ「しか」は「から」に含まれちゃうんですけど、なんか

ゴロがいいんで。

 

外食を控えて経済が冷え込み、おまけに自身の体調を崩しては

ほんとうに悲惨な年末年始になってしまうので、ケーキやモチ

やフルーツやパスタやサンドイッチやビールや日本酒や白ワイン

なんかは「から」「しか」NGでお願いします!

2020年12月17日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ