院長室

« 8月 2022 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

EAT(旧Bスポット療法)再開します!

しばらく休止していたEAT(イート、旧Bスポット療法)を

再開致します。これは鼻の奥に塩化亜鉛溶液という液体を

塗り込む治療法で慢性上咽頭炎の診断・治療に用います。

 

慢性上咽頭炎は古くからある概念で、頭痛、めまい、眼痛、

副鼻腔炎、後鼻漏、咳などなど頭頸部の症状が多く見られます。

さらには自律神経失調やリウマチ、掌蹠膿疱症、IgA腎症など

の免疫疾患にも効果が期待できます。

 

これらは難治性疾患なので、おお!福音じゃ!と思われるかも

知れませんが、なんせ痛い治療なんです。最大のハードルが

ここです。(^ ^;)しかしながら慢性上咽頭炎の治療は現在

他にはなく、何とか頑張ってチャレンジしてみて欲しいところ

です。

 

治療のメカニズムや、実際の方法など YouTube の健康教室に

EATの詳しい動画を2本アップしていますので、是非ご覧下さい。

 

Bスポット療法の現在地 Part 1

Bスポット療法の現在地 Part 2

 

当院では1回1000円(諸経費込)で行います。上記症状で

お悩みの方、動画を観て興味を持った方は是非どうぞ!

※予約制です。

2022年9月17日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ

「ブレット・トレイン」/「ロッキーvsドラゴ」

他に話題作がないためか妙に推されまくっている「ブレット・

トレイン」ですが、伊坂幸太郎原作小説をブラッド・ピットが

主演するという摩訶不思議な作品です。しかも舞台はヘンテコ

設定の日本。(笑)

 

不運な殺し屋と幸運な悪ガキの対比を軸に個性豊かなヤバイ

ヤツらの暗躍が展開する群像劇です。これが新幹線の中で

起きるというのがミソで、伊坂作品は何作か読んでいますが

(今作「マリアビートル」は未読)、充分に伊坂テイストが

出ていたと思います。非現実を落とし込むのが上手いんです

よね。

 

映画でもご都合主義てんこ盛りですが、偶然=必然=運命と

いうテーマがご都合主義を必須レベルに押し上げる上手い演出

をしています。原作ファンには受け容れづらいと思いますが、

そもそも伊坂作品が映像化に向いていないので(^ ^;)仕方が

ないでしょう。本作は娯楽に振り切ったガイ・リッチー風味の

アクション映画と割り切ると良いかな。意外と映画から原作に

進む人多いかも。

 

そして「ロッキーvsドラゴ」。言わずと知れた(?)ロッキー4

なんですが、未公開映像が42分あると聞いていたので本編に

追加なのかと思ったら再編集でした。

 

つまりスタローンさん自らがオリジナルを見直すということで

正直、誰が変更点分かんねん!というレベルです。(^ ^;)

しかも「4」を理解するためには「1〜3」を観ている必要が

ありかつ、割と新しい記憶であるのも条件になるでしょう。

そんなニッチな人向けなので、鑑賞後に動画解説を観ることを

お勧めします。

 

ご多分に漏れず僕も動画で復習しましたが、解説を聞くと

なるほど、と思う部分があり「人間は変われるんだ!」という

テーマがより明確化したのが納得できました。「もし時間を

巻き戻せるならアポロは殺さないだろう」とスタローンさん

が言っていましたが、ロッキーは自分の写し鏡みたいなもの

なので深い思い入れがあるのだろうと感じた次第です。

ただ、35年前の作品だからなのか、セットが昭和!(笑)

まるでごっつええ感じですわ。

 

今回は2本とも万人向けでは無い内容ですが、つまり僕は

大好きでした。(^ ^)

2022年9月6日 火曜日

カテゴリー 院長室

タグ

治療、第二幕

カッコ良く言えばセカンドシーズン!?(笑)しばらく

お知らせしていなかった病気の現状をお伝えします。

 

抗癌剤で一時改善していた腫瘍マーカーが上昇し、腰痛が

悪化して座るのもしんどくなり、画像検査で仙骨の転移が

増大していることが判明し抗癌剤は中止して放射線療法を

施行しました。ついでになかなか引っ込まない背中の皮膚

転移にも照射!

 

これがなかなかに早く効果が現れ、今では腰痛はなくなり

皮膚転移も縮小傾向です。ありがたや、ありがたや。

 

そこで問題になったのが今後の治療をどうするか、です。

2種類の抗癌剤が無効だったし結構副作用に苦しんだので、

抗癌剤への信頼度は低下し、できるならもうこのまま無し

でいけんもんか?と思いまして、色々検索をしました。

家族も巻き込んで検討しハイパーサーミア(局所温熱療法)

と免疫療法に目を付けました。

 

免疫療法は実は何種類もあり、これで結構悩みました。

何せ自費だしね。(^ ^;)実際にクリニックへ行って話を

聞いたりして、6種複合免疫療法という方法に決めたのが

8月上旬。何とDr.が栄養療法を通して知り合った方だった

のも何か縁を感じましてね。

 

そしてどの先生もハイパーサーミア、免疫療法は抗癌剤と

併用した方が効果的だと言われるので、ついに再開を決心

したのです。当初は入院が必要と言われたのですが、こちら

の都合を説明し何とか通院でやって頂くことになりました。

…と決まったのが今日です。(^ ^)

 

温熱療法は既に何回か施行しておりますが、今週から免疫

療法が、来週から抗癌剤が始まります。さて、第二幕、

どんな展開になるでしょうか?乞うご期待!

2022年8月24日 水曜日

カテゴリー 院長室

タグ

3点値上げ

当院の商品で3点、値上げがありますのでお伝えします。

 

・ココソープ

800円(税別)→1200円(税別)

原材料と運送料の増加によるものだそうです。結構な上昇

ですが、パッケージを一新しほんのちょっと大きくなる

らしいです。(^ ^;)現在の在庫がなくなり次第切り替え

ます。

 

・マイヤーズMIX

1000円(税込)→1200円(税込)

ご愛用頂いている静脈注射です。注射に含まれるミネラル

成分の商品が値上げになったためです。9月から変更させて

頂きます。

 

・B-TR、スフレ(インソール)

B-TR 5170円(税込)→7700円(税込)

スフレ 1760円(税込)→3300円(税込)

こちらは単純にバージョンアップのようです。割と強気な

値段設定です。インソールは消耗品なので、可能な限り

安価が望まれますが仕方がない。在庫がなくなり次第

変更となります。

 

以上、皆さんのご負担が増えるのは申し訳ないですが、

商品自体はそれぞれ良いものですので、どうぞご理解を

賜れれば幸いです。m(_ _)m

2022年8月13日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ

「ベイビー・ブローカー」

カンヌ国際映画祭で主演男優賞を取った!と日本公開前から

話題だった作品です。僕は賞を取ったソン・ガンホさんが好き

なので、結構期待していました。

 

赤ちゃんポストに捨てられた赤ん坊を巡って、母親、ブローカー、

警察官それぞれの人生が交錯します。そう、主演は実は彼ら

全員なんです。果たしてそこから“家族の在り方”の答えは導き

出せるのか?というのが主幹となる映画です。

 

ただでさえ重いテーマなのに、若い母、ブローカーの2人、

彼らを追う女性警察官それぞれの人生が重層的に構成されていて

意外と難しい映画です。ただ作りは非常に繊細で、家族を描き

続けてきた是枝裕和監督のらしさが存分に発揮されています。

セリフに表れる直接的なメッセージと散りばめられた暗喩が

織りなす構成は芸術的とさえ言えるでしょう。

 

ただ個人的には「そして父になる」や「万引き家族」を超える

とは思えなかったかな。ちょっと優等生過ぎる、と言うか

どっちつかずと言うか監督の優しさが表出してしまってる感が

ありました。敢えてドロドロ劇にする必要はないですが(^ ^;)

重いテーマを中和する必要もないかな、と。

 

なかなか疲れる映画ではありますが、これから鑑賞する方は

「傘」に注目すると面白いと思います。

2022年7月5日 火曜日

カテゴリー 院長室

タグ