院長室

« 8月 2020 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説-25 麻子仁丸

今回も下剤シリーズです。漢方界では便秘を嫌う、というのは

前回お伝えしましたが、下剤を使用して便通があるのは当たり

前で、その場合、使用しないとまた便秘に戻る、ということ

はよくあります。なるべく下剤成分以外で便秘を解消して

いこう、というのはこれまた漢方ならではの発想です。

 

・麻子仁丸(マシニンガン 126番)

構成:麻子仁5g+大黄4g+枳実2g+杏仁2g+厚朴2g+芍薬2g

 

大黄を4g使用していますが芒硝は入っていません。その代わり

麻子仁(マシニン)、杏仁(キョウニン)といった「潤す」作用のある

生薬を配合しているのが特徴です。乾燥傾向になると便は硬く

なるので、これらの生薬が有効な場面が結構あるのです。生理的

に脱水となる高齢者では乾燥による便秘多いので、高齢者向き

の下剤、なんて紹介されますが必ずしもそうではありません。

枳実(キジツ)や芍薬は下腹部の張りを取るので便秘に好都合

です。

 

さらに漢方らしいのが、

 

・潤腸湯(ジュンチョウトウ 51番)

構成:麻子仁2g+大黄2g+枳実2g+杏仁2g+厚朴2g

+地黄6g+当帰3g+黄芩2g+桃仁2g+甘草1.5g

 

です。10種の生薬構成ですが、上段5種はほぼ126番

です。大黄2gですから、さらに下剤成分は少ないですね。

下段は潤す生薬と血流改善生薬なので、乾燥かつ血の巡りの

悪い状態=血虚の方向けの薬というのが分かります。これも

決して高齢者向けというわけではありません。むしろ血虚

になりやすい若い女性に使用する機会が多いです。

 

ちなみに黄芩(オウゴン)って冷やす生薬じゃね?血虚には

不向きじゃね?と思われた方はスバラシイ。確かに通常

血虚がある場合には冷えを訴えることが多いですが、乾燥

傾向=水分が少ない状態になると適切に身体を冷ますこと

ができなくなり、熱がこもることがあります。これを虚熱

といいますが、51番の黄芩はこの虚熱対応のため配合

されています。また黄芩は乾燥作用もあるのでこれも疑問に

感じるかも知れませんが、他の生薬がほとんど潤すもの

ばかりなので、そのカウンターとして使用されているとも

捉えられます。

 

ここまで理解できると、その漢方薬にマッチする人が

想像できるので適切に選択できるようになるわけです。

2020年9月24日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

湿潤療法の実際

今月の健康教室はキズの治療法、湿潤療法を取り上げます。

以前も話した内容ですが、意外とまだ浸透してないんです

よね〜。(^ ^;)

 

そもそも湿潤療法は夏井睦先生が開発された治療法で、キズ

やヤケドを痛みなく、きれいに治す、というのが売りです。

ちょうど夏井先生が湿潤療法を世に知らしめようと活動を

始められた頃、僕は医師3年目で当時夏井先生が勤務されて

いた病院に見学に行き、治療の実際を学ばせて頂きました。

 

それからかれこれ20年近く経過しますが、まだまだ湿潤

療法は “当たり前” にはなっていません。パラダイムシフトは

古い認識の人が減らないと起こらない、なんて聞いたことが

ありますが、医師には定年がないのでより起こりづらいの

かも知れません。

 

とは言え、自分の経験上、湿潤療法のメリットは大いにある

と実感できていますし、体験した患者さんが勉強し実際に

応用している場面にも遭遇したりして、間違いのないものだと

確信しています。理論や細かいメソッド等は夏井先生のサイト

を参照してもらうのが一番ですが、健康教室ではなるべく簡潔

に、そして被覆材などの使用法の具体例をお話しします。

 

コロナの影響で体育祭などは縮小開催だし、熱すぎて外出も

ままならないし、であまりケガをする機会はなかったかも知れ

ませんが(笑)、知っておいて損はない内容と思います。今後

寒くなってくるとヤケドは増えますしね。乾燥肌への応用

なんかもできます。奮ってご参加ください!

2020年9月17日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

知事をリコール?!

愛知県にお住まいの方以外はあまり関心がないかも知れま

せんが、現在大村愛知県知事のリコール運動が起きています。

まあ愛知県民でも知らない人が大多数なんですけど。(^ ^;)

 

県知事のリコールは前代未聞だそうで、僕も情報を集めて

みました。なんせテレビ、新聞はこの話題を報道しません

ので。リコールは、まずは一定期間内に一定数の署名を集め

リコールのための投票を開催する、という流れだそうです。

いきなり辞めさせられるわけではないんですな。

 

そもそも何故、知事に対するリコール運動が起きているか

と言うと、あいちトリエンナーレという芸術祭の中で昭和

天皇の写真を燃やして踏みにじる映像や、特攻で亡くなった

方を揶揄したモニュメント、韓国の慰安婦像の設置を “作品”

として展示したことが発端のようです。それが例え気分を

害するものであっても、私費を投じてやる分には当然表現の

自由の範疇です。ですが、トリエンナーレではこの展示内容

を隠して税金使用を申請し、その後しれっと展示したことが

問題である、ということです。この許可は大村知事が行って

おり、彼にも責任があるのではないか、ということでリコール

に発展したようです。しかも分担金を払え!と大村知事は

河村名古屋市長を提訴しました。コロナ禍の最中にね。

 

このリコール運動の発起人が「イエス高須クリニック!」で

有名な高須克弥院長なので、イロモノ扱いされてしまいがち

ですが(^ ^;)、内実を知れば得心するものでした。詳細は

このページにあります。リコール反対派の署名も行われて

いますが、その主張は「表現の自由を守れ!」なので随分

的外れかな、と思います。リコール運動が本格化した後、

事務所に盗聴器が仕掛けられたり、サイトがサイバー攻撃を

受けてダウンしたりと、相当な妨害にも遭っているようです。

リコール運動は法で認められた活動なので、その妨害は

歴とした犯罪なのですが、裏を返せば意地でも阻止したい

理由があるとも言えます。映画みたいですね。

 

署名活動はどこでもやっているわけではなく、受任者が

持つ公式の署名用紙に記入する必要があります。しかも

受任者が集められる署名は受任者が住む地域の方のみです。

少しややこしいですが、僕は受任者になっていますので、

もし一宮市在住で署名したい方がみえれば、お声がけ下さい。

ちなみに署名したら個人情報が公開される、というデマも

流れていますが、そんなことはありません。このデマを

流した方は高須院長から訴えられています。いや、ホント

映画みたいやわ。「ミッション:インポッシブル 愛知」

2020年9月14日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ

漢方薬解説-24 桃核承気湯

漢方医学は “流れ” を重視する医学なので “不通” 状態を嫌い

ます。“不通” って何じゃい?!と思われるかも知れませんが、

日常的に見られます。それが便秘です。

 

・桃核承気湯(トウカクジョウキトウ 61番)

構成:大黄3g+芒硝0.9g+甘草1.5g+桃仁5g+桂皮4g

 

便通が2〜3日に1回くらいだとあまり便秘と捉えない方

もいると思いますが、不通嫌いの漢方界では立派な便秘に

カウントされます。ゆえに下剤系の漢方薬は意外と多く存在

します。特に大黄(ダイオウ)と芒硝(ボウショウ)のコンビは

頻用される組み合わせです。

 

中でも61番が最もメジャーでしょう。甘草と桃仁(トウニン)

は共に潤す効能を持つので、便を軟らかくすることに寄与

します。また不通の原因は「気」の巡りの悪さなので、気を

降ろす効能を持つ桂皮を配合することは合理的です。

 

桃仁が血の巡りを改善する効能も持つので、桂皮と合わせて

更年期のイライラやほてりに良い、とされますが当然便秘が

ある人向けです。便秘が無いのに61番を飲めば下痢します。

これは副作用ではなく診断ミス。ただ、前述のように自分

では便秘と思っていないケースもあるので、便通についての

問診が重要になります。

 

61番以外にも「承気湯」という名が付く薬があります。

61番の前半3つの生薬だけで構成される調胃承気湯

(チョウイジョウキトウ 74番)、大黄+芒硝+厚朴+枳実で構成

される大承気湯(ダイジョウキトウ 133番)です。大黄+芒硝

が共通しているので、承気湯=大黄+芒硝と思われがちです

が、ちょっと違います。「気」は下腹部で滞ることが多く、

それを改善することを「承気」と表現してるので、必ずしも

大黄+芒硝である必要はありません。例えば、保険薬には

ありませんが、小承気湯(ショウジョウキトウ)は芒硝を含みま

せん。つまり大黄こそが「承気」のキモってことですね。

 

あくまで「気」の巡行が目的であって、便通を良くすること

だけに拘泥しているわけではない、というのが意外と重要な

ポイントです。そういう意味で「承気湯」という命名は気が

利いていると思います。承気だけに。漢方ジョーク。

2020年9月10日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ

三密の意味

「三密」とか「ソーシャルディスタンス」とか、流行語大賞

にノミネートされそうな勢いですが、それらをする意味は

浸透しているでしょうか?

 

僕も三密は避けるべきとは思いますが、新型コロナウィルス

の性格がおおよそ分かってきて、現状深刻な被害がない以上、

臨機応変に施行すべきと考えます。例えば「密集」し場合に

よっては「密接」となる満員電車での感染拡大はありません。

パチンコだってあれほど目の敵にされましたが、こちらも

クラスターは出ていないですよね。そういう場面でまで、

厳格にするのは疑問を感じるわけです。

 

極論すれは「三密」の目的は飛沫感染を防ぐことです。密閉

環境で密集、密接すると飛沫による感染拡大があり得るから

しないでね、ってことです。マスクについても症状があれば

マストですが、症状発現前にも感染力があるので飛沫が届く

ような距離での会話では着用しよう、ということです。

 

この目的が省略されてしまって、おしゃべりをしない通勤や

通学でマスクしたり、話さないことが前提の映画館で席を

1つおきにしてみたりと、行為そのものが目的にすり替わって

いる印象を受けます。映画1人鑑賞派の僕は快適でいいです

けどね。(笑)でもこれを継続すれば映画館の経営は立ち

行かなくなって結果的に僕は困るんだよなぁ。ソーシャル

ディスタンスを保ってて、聞こえづらいからマスク無しで

大声で話す、なんてのはもう笑い話です。

 

「マスク警察」なんてのも流行語になりそうですが(^ ^;)

なぜ三密を守るのか、いま守るシチュエーションなのか、

という観点を忘れてはいけないでしょう。

2020年9月7日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ