院長室

« 8月 2022 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「ブレット・トレイン」/「ロッキーvsドラゴ」

他に話題作がないためか妙に推されまくっている「ブレット・

トレイン」ですが、伊坂幸太郎原作小説をブラッド・ピットが

主演するという摩訶不思議な作品です。しかも舞台はヘンテコ

設定の日本。(笑)

 

不運な殺し屋と幸運な悪ガキの対比を軸に個性豊かなヤバイ

ヤツらの暗躍が展開する群像劇です。これが新幹線の中で

起きるというのがミソで、伊坂作品は何作か読んでいますが

(今作「マリアビートル」は未読)、充分に伊坂テイストが

出ていたと思います。非現実を落とし込むのが上手いんです

よね。

 

映画でもご都合主義てんこ盛りですが、偶然=必然=運命と

いうテーマがご都合主義を必須レベルに押し上げる上手い演出

をしています。原作ファンには受け容れづらいと思いますが、

そもそも伊坂作品が映像化に向いていないので(^ ^;)仕方が

ないでしょう。本作は娯楽に振り切ったガイ・リッチー風味の

アクション映画と割り切ると良いかな。意外と映画から原作に

進む人多いかも。

 

そして「ロッキーvsドラゴ」。言わずと知れた(?)ロッキー4

なんですが、未公開映像が42分あると聞いていたので本編に

追加なのかと思ったら再編集でした。

 

つまりスタローンさん自らがオリジナルを見直すということで

正直、誰が変更点分かんねん!というレベルです。(^ ^;)

しかも「4」を理解するためには「1〜3」を観ている必要が

ありかつ、割と新しい記憶であるのも条件になるでしょう。

そんなニッチな人向けなので、鑑賞後に動画解説を観ることを

お勧めします。

 

ご多分に漏れず僕も動画で復習しましたが、解説を聞くと

なるほど、と思う部分があり「人間は変われるんだ!」という

テーマがより明確化したのが納得できました。「もし時間を

巻き戻せるならアポロは殺さないだろう」とスタローンさん

が言っていましたが、ロッキーは自分の写し鏡みたいなもの

なので深い思い入れがあるのだろうと感じた次第です。

ただ、35年前の作品だからなのか、セットが昭和!(笑)

まるでごっつええ感じですわ。

 

今回は2本とも万人向けでは無い内容ですが、つまり僕は

大好きでした。(^ ^)

2022年9月6日 火曜日

カテゴリー 院長室

タグ