院長室

« 5月 2022 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今日で1年

今日、6月25日で救急搬送されてからちょうど1年が経ち

ます。もう何か遙か昔の話のように感じます。でもそのように

感じられるのは、思った以上に早く回復できたからなのかも

知れません。

 

経過について詳しくは過去記事に書きましたが、思い出すだけ

でゾッとします。コミニュケーションが不可能で、かつ癌宣告

ですからね。(^ ^;)でも家族、ウチのスタッフ、執刀医、

放射線医、呼吸器内科医、ナースやリハビリの方々、と本当に

お世話になりここまで来られたのだとしみじみ思います。

 

猛暑、酷暑のニュースが連日流れていますが、去年は病室で

軟禁状態(笑)だったのでほとんど夏を感じていません。その

ため、暑いのがちょっと嬉しかったりします。まあ元々出不精

なので夏を満喫!みたいなタイプじゃないんですけどね。

もしも急にサーフィンとかやり出したらアタマおかしくなって

ますので誰か止めてください。

 

仕事の面でも代診の先生方に助けられ、何とか休業しないで

済みました。感謝してもしきれません。そして一人での診療

を再開して半年、正直以前のように人数をこなすのは難しい

ですが、休まずにできています。ただ、診療は今後も日数や

人数を限定してやっていくことになると思います。どうぞ

御容赦を。

 

癌の進捗はやや悪化です。一時、急に改善を見ましたがその後

は停滞気味で腫瘍マーカーが徐々に上昇しています。当然これ

からも抗癌剤治療は続きます。これだけを聞くと、もの凄く

重病人のようですが体調は良いです。患者さん側に立てたと

いうのが、実はこの1年で一番価値のある経験かも知れません。

これから自分はどう生きていくか、じっくり考えながらまた

1年を過ごしたいと思います。

2022年6月25日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ

熱中症と脱水症

毎年のことですが、これから気温が高くなると熱中症と脱水症

に注意喚起がされます。死に至ることもあるので侮れない病態

です。

 

水分摂取もうるさく言われますが、注意すべきはミネラルを

同時に取る必要があることです。スポーツドリンクを勧める

向きもありますが、意外と糖質が多いのであまり得策とは言え

ません。市販品ではポカリ>アクエリアス>OS1と言った順で

糖が多いです。

 

そして日本のミネラルウォーターは軟水(=ミネラル少ない)

がほとんどなので硬水を選ぶのが良いです。種類は色々ある

のですが、入手のしやすさから選ぶとエビアンがベターです。

ゲロルシュタイナーという商品はさらに高硬度ですが、炭酸

入りです。炭酸抜けるとクソまずい。(^ ^;)

 

ミネラル摂取は他に天然塩も便利です。理想はマグネシウムが

最も多いぬちまーす®ですが、人気商品で品切れや割高が多い

のが難点です。他の塩を使用する場合は、マグ>カルになって

いるかチェックしてください。

 

特に高齢の方は、あまり口渇やほてりを感じない傾向がある

ので要注意です。湿度が高いと体感温度は上がるので、これから

の季節、より換気が重要になります。夜間は天井に向かって

扇風機やサーキュレーターを回すと良いです。水分を摂ると

トイレが近くなると言って我慢する方もしばしばですが、これは

危険なのでNGです。口をすすぐだけでもいいので、定期的に

やってください。

 

やっとアナウンスされるようになりましたが、マスクも大きな

リスクです。熱された地面から近い子供にマスクをさせて

外出するのは殺人行為です。総理、もうマスクいらん!って

言ってちょー!

2022年6月12日 日曜日

カテゴリー 院長室

タグ

「トップガン マーヴェリック」

控えめに言ってクソヤベェ、、いや、失礼。まさかのトップガン

の続編です。3年ほど公開延期がありましたから正確には33年

ぶりとなります。劇中でも同様の時間が経過しており、マーヴェリック

は周囲が昇進していく中、今でも大佐に留まりテストパイロットを

しています。あ、マーヴェリックというのは個人識別しやすくする

ためのコードネームみたいなもので、我らがトム・クルーズのこと

です。

 

前作が青春詰め合わせイケイケお祭り映画(笑)だったのに対し、

今作は前作をトレースしながらもマーヴェリックと亡き相棒、

そしてその息子との人間関係を柱に進行します。この部分の感動

を味わうためにはやはり前作は鑑賞しておいた方が良いでしょう。

若干苦痛ですが。(^ ^;)amazon prime 会員なら無料でっせ。

 

そして何と言ってもスカイアクションがド迫力!グリーンバックに

CGを合わせるような小手先の撮影など糞食らえと限界まで実機

を使用して撮影されています。演者はなんと5ヶ月もこの映画の

ために訓練したそうです。クレイジーや。主人公達が挑む作戦の

設定がウルトラハード過ぎん?という突っ込みはありますが、緊迫

した場面ではBGMが消えてパイロットの息遣いだけになったりして

観ているこちらが何故かGを感じるほどです。

 

この成功はもちろんトム様の魅力によるものですが、脚本が

クリストファー・マッカリー、監督がジョセフ・コシンスキー

というここ最近のトム様映画最強の布陣なのもあるでしょう。

131分というやや長尺を全く苦痛を感じさせない血湧き肉躍る

作品に仕立て上げたのは見事です。そしてここまでやるか!

という強い拘りは、そのままトム様の映画に対する姿勢でも

あるのでしょう。コロナ禍で配信映画が増えましたが、映画館

でしか味わえない体験があるのだよ!という熱意の塊のような

映画です。なんせトム様が続編製作権を自ら購入してまで拘った

作品ですから、是非とも映画館でご鑑賞ください。

 

そう言えば、大半が消失した僕の映画鑑賞記録ですが、劇場の

閲覧履歴やこの映画レビューを参考に9割方再現できました。

めっちゃ大変だったけど。ご心配頂いた方(イネーヨ)、ありがとう

ございました。(^ ^)

2022年6月2日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ