院長室

« 10月 2020 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

検査しませぬ

既に院内には掲示してありますが、今年はインフルエンザの検査は

実施しません。発熱や咳などの症状からではコロナかインフルエンザ

か見分けがつかない以上、検査はコロナウィルス対策に準じた設備

が必要になるからです。

 

特にインフルエンザの検査は鼻腔粘膜を検体とするので、施行時に

咳やくしゃみが出ることが多いです。飛沫感染リスクが上昇する

ので、コロナウィルス感染症だった場合を考慮しそれなりの防護

環境を整えなければいけないんですね。

 

ウチの場合、専用の検査スペースを設ける余裕はないし、動線も

分けられないので検査自体をしないことにしました。ただ検査は

しないというだけで治療はできますので、もちろん不調の時は

いらして頂いて構いません。まあ漢方薬になりますが。(^ ^;)

 

他のクリニックでも同様の判断をされることが想定されますので、

もし検査を希望される場合は予め電話等で確認してから受診

する方が良いと思います。場合によっては検査の時間も指定が

あるかも知れません。検査施行施設を知る方法はまだ明確に

なっていませんが、直接クリニックに問い合わせるか、保健所

に尋ねるかが確実でしょう。ご迷惑をおかけ致しますが、

ご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

まあぶっちゃけ基礎疾患のない若年層がコロナに罹ったところ

で恐れることはないんですが、世間の流れからするとこのような

対策は致し方ないところだと思います。現状、マスク手洗い効果

のためかインフルエンザの発症は認められていませんので、

そもそも検査が必要になる機会自体が減る、という予測も成り

立ちます。

 

そうなると、やはり重要になるのは予防です。引き続きの手洗い

や、至近距離で話す時のマスク着用は必要でしょう。寒くなり

ますが、人が集まる場所では可能な限り換気もしておいた方が

いいでしょう。もちろんビタミンCなどの摂取も有効です。

首周りを冷やさない工夫も大事ですね。今後メディアはまた

煽るでしょうけど(^ ^;)以上のことができていれば大丈夫。

惑わされてパニックになる方が怖いです。

2020年11月2日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ