院長室

« 7月 2022 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日で1年

今日、6月25日で救急搬送されてからちょうど1年が経ち

ます。もう何か遙か昔の話のように感じます。でもそのように

感じられるのは、思った以上に早く回復できたからなのかも

知れません。

 

経過について詳しくは過去記事に書きましたが、思い出すだけ

でゾッとします。コミニュケーションが不可能で、かつ癌宣告

ですからね。(^ ^;)でも家族、ウチのスタッフ、執刀医、

放射線医、呼吸器内科医、ナースやリハビリの方々、と本当に

お世話になりここまで来られたのだとしみじみ思います。

 

猛暑、酷暑のニュースが連日流れていますが、去年は病室で

軟禁状態(笑)だったのでほとんど夏を感じていません。その

ため、暑いのがちょっと嬉しかったりします。まあ元々出不精

なので夏を満喫!みたいなタイプじゃないんですけどね。

もしも急にサーフィンとかやり出したらアタマおかしくなって

ますので誰か止めてください。

 

仕事の面でも代診の先生方に助けられ、何とか休業しないで

済みました。感謝してもしきれません。そして一人での診療

を再開して半年、正直以前のように人数をこなすのは難しい

ですが、休まずにできています。ただ、診療は今後も日数や

人数を限定してやっていくことになると思います。どうぞ

御容赦を。

 

癌の進捗はやや悪化です。一時、急に改善を見ましたがその後

は停滞気味で腫瘍マーカーが徐々に上昇しています。当然これ

からも抗癌剤治療は続きます。これだけを聞くと、もの凄く

重病人のようですが体調は良いです。患者さん側に立てたと

いうのが、実はこの1年で一番価値のある経験かも知れません。

これから自分はどう生きていくか、じっくり考えながらまた

1年を過ごしたいと思います。

2022年6月25日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ