院長室

« 5月 2022 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「トップガン マーヴェリック」

控えめに言ってクソヤベェ、、いや、失礼。まさかのトップガン

の続編です。3年ほど公開延期がありましたから正確には33年

ぶりとなります。劇中でも同様の時間が経過しており、マーヴェリック

は周囲が昇進していく中、今でも大佐に留まりテストパイロットを

しています。あ、マーヴェリックというのは個人識別しやすくする

ためのコードネームみたいなもので、我らがトム・クルーズのこと

です。

 

前作が青春詰め合わせイケイケお祭り映画(笑)だったのに対し、

今作は前作をトレースしながらもマーヴェリックと亡き相棒、

そしてその息子との人間関係を柱に進行します。この部分の感動

を味わうためにはやはり前作は鑑賞しておいた方が良いでしょう。

若干苦痛ですが。(^ ^;)amazon prime 会員なら無料でっせ。

 

そして何と言ってもスカイアクションがド迫力!グリーンバックに

CGを合わせるような小手先の撮影など糞食らえと限界まで実機

を使用して撮影されています。演者はなんと5ヶ月もこの映画の

ために訓練したそうです。クレイジーや。主人公達が挑む作戦の

設定がウルトラハード過ぎん?という突っ込みはありますが、緊迫

した場面ではBGMが消えてパイロットの息遣いだけになったりして

観ているこちらが何故かGを感じるほどです。

 

この成功はもちろんトム様の魅力によるものですが、脚本が

クリストファー・マッカリー、監督がジョセフ・コシンスキー

というここ最近のトム様映画最強の布陣なのもあるでしょう。

131分というやや長尺を全く苦痛を感じさせない血湧き肉躍る

作品に仕立て上げたのは見事です。そしてここまでやるか!

という強い拘りは、そのままトム様の映画に対する姿勢でも

あるのでしょう。コロナ禍で配信映画が増えましたが、映画館

でしか味わえない体験があるのだよ!という熱意の塊のような

映画です。なんせトム様が続編製作権を自ら購入してまで拘った

作品ですから、是非とも映画館でご鑑賞ください。

 

そう言えば、大半が消失した僕の映画鑑賞記録ですが、劇場の

閲覧履歴やこの映画レビューを参考に9割方再現できました。

めっちゃ大変だったけど。ご心配頂いた方(イネーヨ)、ありがとう

ございました。(^ ^)

2022年6月2日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ