院長室

« 4月 2022 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

靴えらびのコツ

行動制限が緩和されて、GWはお出かけされる方も多いのでは

ないでしょうか?そんな楽しいイベント時、楽に歩けたらより

良いですよね。

 

歩くことは当たり前すぎて、通常あまりケアの対象になり

ませんが、身体を支える重要な“臓器”ですからもっと注目されて

良いと思います。足が悪いだけで、膝・腰だけでなく首にまで

影響が出ますからね。

 

さて、足のケアには結構種類がありますが、クリニックに

行かなくてもできるのは靴の正しい選択です。いくつか

ポイントを紹介しましょう。まずは、「靴のかかとが硬い」

こと。かかとが柔らかいと、フニャフニャの背もたれの椅子に

腰掛けるようなもので足が靴の中で動きます。

 

そして「足の甲をしっかり保持できる」こと。これも緩いと

足が靴の中で動きます。靴の中で足が動くと何が悪いので

しょうか?足が動くと安定させようとして足のゆびが踏ん

張ってしまうのです。すると足のアーチが減少し、結果的に

足のクッション性が低下します。そして影響は上の方へ…

 

靴を選ぶ際には、実際に触ってみてまずは踵が硬いか確認

しましょう。そして甲をホールドするためには紐で締める

タイプがベターです。ファスナーはNGです。その上で爪先に

少しゆとりがあるのが良い靴です。

 

ついでにインソールは交換する時に備えて取り外せる靴に

すると尚良いです。インソールはダメダメな商品が多いので

もし使用する時は事前にご相談くださいね。(^ ^)

2022年4月30日 土曜日

カテゴリー 院長室

タグ