院長室

« 8月 2021 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方の味

梅雨も深まってくると、気圧変動での頭痛やめまい・ふら

つきが増えます。また汗が増えると皮膚のトラブルも増える

ことでしょう。それらの症状を抑える漢方薬の味って知って

ます?

 

気圧変動で出る症状に対しては、基本的に“水”を巡らせる

生薬を用います。これらは幾種類かの味がありますが、

多くは甘味です。糖尿病の方は水の代謝が悪いことがあり

ますが、これと関連があるのでしょうかね。

 

しかしながら、お菓子やお米で水の巡りが改善するわけ

ではないのでご注意を。よっしゃー!明日はパフェでも

食べるか!は間違いです。(^皿^) 茯苓(ブクリョウ)とか蒼朮

(ソウジュツ)が有名ですが、是非とも原材料を調べてみて下

さい。

 

対して、かゆみに対する生薬はほとんどが苦味です。苦味

はかゆみやイライラを抑える作用があるとされております

が、その根本は暑さ対策です。暑気が盛んな気候では、

意外とゴーヤなどの苦味成分の多い野菜が多いものです。

これを地味に食することで諸症状に対抗していたので

しょうね。

 

かゆみやイライラは実際には暑気に関係なく出る場合が

あります。そういう場合は苦味のない生薬を用いることに

なりますが、何が根本にあるのかを見極めるのが難しい

です。

 

そんなわけで、僕が出す漢方薬が不味くてもまあそういう

決まりですんで(笑)、なんとかうまいこと飲んでやって

下さいませ。

2021年5月31日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ