院長室

« 4月 2021 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ハイドロでリリース

ハイドロリリース注射は少しずつ認知が拡がって来ています。

これはハイドロ=水でリリース=解除する、という意味で、

要は薬効ではなく水分で物理的に筋肉間の隙間を拡げて

やるぜ、っていうことです。

 

結果として筋肉の動き(滑走と言ったりします)が改善し

痛みやしびれの緩和につながる、という治療法です。使用

するのはほとんどが生理食塩水なので副作用が無いこと、

超音波装置を見ながら施行するので、患者さんと異常を

共有できることなどがメリットとして挙げられます。

 

反面、効果が持続しなかったり、注射可能な部位が限ら

れている、と言ったデメリットもあります。全ての治療に

言えることですが、これらの長所短所も知って頂くと

尚良いですね。

 

特に効果が続かない、あるいは取れない部位がある、と

言う場合、ハイドロリリースの工夫も当然必要ではあり

ますが、そもそも原因が別にあると考えることも重要です。

特に脱水傾向がある場合やミネラルアンバランスがある

場合は、筋肉の動きの不調は出やすくなっています。

また血糖変動が激しい場合は血流不全が起こり得ます

ので、これまた筋肉がこわばることになるでしょう。

 

これらを正しく判断するには血液検査をはじめとする

栄養学的な分析が必要となりますが、あまり認知されて

いなかった原因が分かることもあり、多くの方にお勧め

している次第です。結果として食事是正という耳の痛い

指導が入ることにはなりますが。(^皿^)

 

新しい治療が生まれ、それが一般化することは喜ばしい

ですが、固執すると見失うものがあったりもします。個々

の治療法を俯瞰し、“治療のツール”として活用するのが

ベストですね。

2021年4月12日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ