院長室

« 2月 2021 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ヤクザと家族」/「すばらしき世界」

相変わらず時短営業中の映画館ですが、意外とお客さんは

戻ってきているようで何よりでした。そして相変わらず邦画

ばかりですが、これも意外とアタリが多いので素敵。(^ ^)

 

まずは藤井道人監督の「ヤクザと家族」。ヤクザの世界しか

知らない主人公にとっての家族とは?というテーマなんですが、

抗争や暴力表現に目を奪われて若干ブレる感じ。古い硬派な

“極道” から暴対法下で生きづらい現代のヤクザまで色々と

描かれていて飽きさせない演出ですが、個人的にはもっと

“家族” に振っても良かったかなと思う。

 

主人公を演じる綾野剛さんは10代から30代までのおよそ

20年間を見事に演じており、これは一見の価値アリ。また

本作では1999年、2005年、2019年と3つの時代

が描かれるのですが、時代ごとにスクリーンの枠を意図的に

変える演出も面白いです。マニアック過ぎるけど。(^ ^;)

 

組の “オヤジ” を演じる舘ひろしがヤクザっぽくないとか、

ヒロインに惹かれる場面が安直だとか、まあ細かい不満は

あるものの、これが監督の完全オリジナル作であることは

高評価です。今後が楽しみです。

 

対して本当に僕と同年代?!と思ってしまうほどデビュー作

からずっと人間の負の側面を深くシニカルに描き続けている

老獪な(?)西川美和さんの新作「すばらしき世界」。偶然

にも本作も人生の大半を刑務所で暮らしてきた初老ヤクザの

出所後を描いた作品です。

 

まっとうに生きようとするも、何もかも思うように行かず、

暴力で解決する衝動に駆られながらも、冷たい世間と温かい

人々に影響を受けていく物語…と思っちゃあ、いけません。

なんせ西川監督ですからね。

 

これまで全作オリジナル脚本で勝負してきた西川監督が、

今回は佐木隆三さんの「身分帳」という小説を原案にして

います。とうことは「すばらしき世界」というタイトルは

西川監督によるものだということ。まさにこれがキモ。

最後の最後で背筋が寒くなりました。さすがだわ。

 

主人公を演じた役所広司さんも素晴らしく、また周りの

キャストも皆良かった。特に主人公と対比的に描かれる

仲野太賀さんが上手。ちなみに北村有起哉さんが上記

「ヤクザと家族」ではバリバリ極道のアニキを演じ、今作

では反社を蔑視する役所員を演じているのが面白い。

この役者さんもカメレオンだよねぇ。

 

両作ともにヤクザの悲哀を描くものなので、その時点で

ハードルが上がる人もいるとは思いますが、同じような題材

が監督でこうも違う作品になるか、という対比は面白いと

思いますよ。

2021年2月18日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ