院長室

« 2月 2021 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

栄養療法その前に

栄養療法は薬物使用でなく、食事を見直すことで身体を作り

変える治療法です。何を食べればよいのか、あるいは何を

食べない方がよいのか、ということが治療の骨格となります。

 

まだまだ広く認知されているとは言えないですが、いわゆる

難治と言われる疾患や病態に何か解決の糸口を提供できれば、

という思いで続けています。栄養療法ではサプリメントを

使用することが多いですが、これはあくまで食事の補助的な

位置づけです。あるサプリメントを摂ったからと言って急に

症状が緩和されるわけではありません。

 

まあそれでも例えばビタミンDの摂取で花粉症が楽になった、

ビタミンB群補給で睡眠の質が良くなった、などの声は頂き

ます。これはあくまで不足が判明し補給したからであって

誰にでも同様の効果があるわけではないことは知っておく

べきでしょう。

 

しかし、栄養の補給で症状が改善するという経験は不思議に

感じますよね。僕も不思議です。(オイ) つい多くのサプリメント

を摂取したくなりますが、栄養は吸収されてナンボです。

摂った栄養が全て吸収される保証はありません。サプリメント

においても内容量以上に吸収効率が重要視されます。腸内

環境が話題に上るのもそのためです。

 

と言うことは、実は何より大切なのは何を食べるか以前に

“どう食べるか” なのですよ。非の打ち所のない食材でも、

早食いと過食をしてしまっては腸を傷めるだけで吸収効率は

落ちるでしょう。良かれと思って食べ過ぎてしまう、または

時間がないのでかき込んでしまう、という習慣は是非とも

避けるべきです。対策としては「よく噛むこと」です!

2021年2月22日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ