院長室

« 2月 2021 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

癌は不治の病か?

もしも「診断は癌です。」と宣告されたらそれはもうショック

ですよね。僕は経験がないので想像ではありますが、きっと

ショックだと思います。では、なぜショックなのか?それは

癌が死を連想させるからでしょう。

 

癌にも様々な種類があり、現在では完治に至るものもあるので

必ずしも死に直結するわけではないですが、恐ろしい病である

ことは確かですし、日本の癌有病率は世界でも突出しています。

 

ではさらに突っ込んで、癌はなぜ人を死に至らしめるのでしょう?

大きくなるから?転移するから?再発するから?どれも癌の

特徴ではありますが、死因とまでは言えないです。

 

癌患者さんの終末期像って、ガリガリに痩せて食べられなく

なるイメージじゃないですか?そして点滴や酸素が必要になって、

結果的に心不全や呼吸不全で亡くなる。そう、実は癌の死因

は臓器そのものが破壊されることではなく、癌細胞に栄養を

横取りされた結果の栄養失調なんです。

 

ということは、癌細胞の栄養体系が分かれば栄養療法でも

立ち向かうことができる、となります。実際に癌と診断された

後も上手に “共存” して元気に過ごされている方もみえます。

もちろん外科手術や抗癌剤、放射線療法が不要なわけではあり

ませんが、そこに栄養という概念を付け加えた方が医療側も

患者側もハッピーなのではないかと思います。単に治療の

選択肢が増えるだけでなく、「元気」でいられるからです。

 

ここで誤解してはいけないのは「癌に効く栄養素」がある

わけではない点です。癌細胞に栄養を奪われないようにする

にはどうすべきか、が基本であり出発点です。そういう意味

ではいかに総合的に対処できるかがカギになります。

 

今後もまだ癌患者は減らないと思いますが、不治と諦める

ことはないです。栄養療法が福音になりますように。

2021年2月15日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ