院長室

« 12月 2021 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ポジティブ締め

今日、本年の診療を終えました。色々な出来事があったけど、

コロナで消し飛んでしまいましたね。(^ ^;) 幸い日本では他国

に比べ死者も重症者も格段に少なく、経済は維持できる…はず

でしたが、過剰な防衛策が採られて結局は冷え込んでしまった

のが悔しい限りです。

 

苦境になるとこれまで見えなかった問題が明らかになることが

あります。日本で言えば、政府決定の遅さ、医療の制度疲労など

が挙げられると思います。メディアの偏向も露見しましたね。

テンパると素が見える、みたいなもんかな。(笑)

 

問題が明るみに出るということは、裏を返せば改善点が明確に

なるということで、チャンスでもあります。実際、政治や医療に

興味を持つ方は増えたでしょうし、情報の仕入れ方が変わった

人も多いと思います。「怖い」と言って閉じこもるだけでは

進歩どころか退化してしまいます。「何で怖いのか?」と自問し

それは対処可能なのかそうでないのか、できるなら何から手を

つけるべきか、という風に論理立てて思考することが結果的に

余裕をもたらし、新たな発見に繋がると思います。

 

個人的には診療で最後に何を言うか、を意識するようになり

ましたね。「〜はダメよ。」で終わるとネガティブなイメージ

に引きづられ取り組みに前向きになれない傾向を感じたので、

「〜はダメだけど、〜はOKだから。」と最後は肯定で締める

ようにしました。まあルーズになってる時は厳しく言ったり

しますけど。(^ ^;)

 

コロナ対策だって、よくよく聞けば外出や外食を禁止している

わけではないのに、あっという間にあらゆる場所が閑散として

しまいました。これも「〜は控えてください。」という締めに

影響されているのではないかと思うのです。来年以降、沈滞

したムードを変えていくためには、希望が持てる言葉、やる気

になる言葉で締めるようにするのが有効じゃないでしょうか。

我々もネガティブなワードに影響されないようにしながら。

ちなみに「頑張りましょう!」で頑張れるお人好しはいない

ので、ポジティブワードにはなりませぬ。なるべく具体的に

言う方が良いですね。(^ ^)

 

ウィルス感染は天災と言ってよいと思いますが、対策のまずさ

は人災です。実際に感染症で亡くなる方の総数は去年より減って

いるのに、自殺者は増加傾向にあります。これはコロナのせい

で済ませてよいと思いません。コロナ対策が近視眼的になって

いたせい、とは言えますが。

 

僕たちレベルでは政府の施策もメディアの姿勢も変えるのは

困難ですが、ポジティブで締めることは可能です。そしてそれで

ムードは変えられるのではないかと思います。この投稿が少し

でもポジティブな影響を与えることを願って。。。

 

本年も当院を御利用頂き誠にありがとうございました。来年も

どうぞよろしくお願い申し上げます。よいお年を!m(_ _)m

2020年12月30日 水曜日

カテゴリー 院長室

タグ