院長室

« 12月 2021 1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

医療、崩壊するってよ

PCR検査陽性者数の増加に伴って、また世間が騒々しくなって

きました。医師会長さん曰く、全国的に医療が逼迫しており

このままでは医療崩壊の危機、だそうです。ホントけ?!

 

この場合の医療崩壊というのは、コロナウィルス感染者のための

治療機器や病床を確保するために他の治療がままならなくなる、

という状況のことです。入院できなくなったり、手術が延期に

なったら大変でしょ?!ってことです。

 

もちろんそれは困るわけですが、そもそも感染が減少している

のにコロナのためにずっとベッドを空けておくなんてしません

から、確保病床は減っていて当然です。それが埋まってきたら

即医療崩壊!になるはずもなくまた増やせばいいだけです。

 

2類感染症指定をまだ外していないので、陽性者は何らかの

隔離が必要になり、そのために入院させていたらそりゃすぐに

ベッドは埋まるでしょう。自治体によって入院や重症判定の

基準が違うので、全国一律に評価できないのも問題です。

例えば北海道では軽症者でも入院させているようで、ゆえに

“医療逼迫”しているみたいです。

 

あと重症者や死亡者数もじわじわ増加しているから危険だ、

とも言われますが、死者の平均年齢がその地区の平均寿命

より高い、なんて場合もあります。堂々と記事にしてますが、

そ、それって寿命って言うんじゃ…(^ ^;)

 

もちろんコロナを軽視しろなんて言うつもりは毛頭ありま

せんが、現状をGo To 事業のせいにしたり、リモートを

減らしたせいにしたり、飲食店営業時間のせいにしたり

するのはお門違いだと思います。生産性のある活動を抑制

する方が、よほど危険だと思います。冬場に増加するのは

自然現象だし、専門家と言われる人もそう発言してたはず

です。もう少し国民を安心して生活できる方向へ導くような

報道なり施策なりを希望するところです。

「no more 緊急事態宣言」!←流行るかな?(笑)

2020年11月26日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ