院長室

« 10月 2020 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説-30 総括

漢方薬の処方解説、今回で30回目となりました。数えて

みたら、メインの処方以外も含めると前回までで59処方に

なりました。だいたい保険で使用できる漢方薬の半数近くを

紹介したことになります。

 

残りの処方は、ほぼこれまでに紹介したものの応用であるか

超マニアックなもの(笑)なので、ここでの紹介は今回で

最後にしようと思います。

 

そもそも解説を始めたのは漢方薬を身近に感じてもらうため

でしたが、回数を重ねるごとに却ってとっつきにくくなった

かな、という反省があります。医療関係者を想定しても

いたので、専門的な用語が度々登場しましたからね。あ、

ハズレ回だったとか言わないで。(笑)

 

一番伝えたかったことは、生薬構成から考えれば漢方は別に

難しくない、いやむしろシンプルでっせ、ってことです。何か

不思議な薬でもなければ、体質改善薬でもありません。漠然

かつ漫然と使用しないための道標になっていれば嬉しいです。

 

そうそう、痩せる効果があるという防風通聖散って紹介して

ねーじゃん、って思われた方がいるかも知れませんが、ほい、

こちら。

 

・防風通聖散(ボウフウツウショウサン 62番)

構成:黄芩+甘草+桔梗+石膏+白朮+大黄+荊芥+山梔子+芍薬

+川芎+当帰+薄荷+防風+麻黄+連翹+生姜+滑石+芒硝

 

グラム数は面倒なので割愛しましたが、何と18種類もの生薬

で構成される漢方薬なんです。保険漢方薬の中では最多です。

と言うことはつまり効き所は多いけれど速効性はない、という

部類の薬です。また大黄+芒硝という下剤が配合されています

から、便秘の人にしか適応はありません。その他の生薬も

見たことがあるものが多いと思いますが、どれをとっても

痩せる効果を有するものはありません。これら18種の総和

として、内にこもったものを排出しやすくする、という性格

の薬なので、転じて肥満症に効果がある、となってしまって

いるだけです。本来は汗をかきづらく、むくんでイライラ

したり、気が塞いだり、腹が張って便通が悪い、という病態に

使います。やせ薬という認識で使うべきではありません。

 

とまあ、これで計60種類紹介したことになってキリが良い

ですな。(^ ^)もしかしたら今後、番外編みたいな形で

漢方薬の構成に触れることがあるかも知れないですが、その

時は、またおんなじこと言ってんなー、と笑ってください。

神回、にはならんと思うけど。(笑)

2020年11月16日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ