院長室

« 10月 2020 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「テネット」/「ミッドナイト・スワン」

映画レビューを心待ちにしていた皆様、こんにちは。そうでない人も

こんにちは。いや、コロナ禍は確実に映画業界に浸食していて、もう

これを題材に映画作っちゃえばいいんじゃね?!と思ったりもします

が数少ない新作映画の中、とんでもない作品が生まれました。既に

公開から随分経過しちゃいましたが、オススメせずにはいられない!

 

まずは「TNENET/テネット」です。みんな大好きクリストファー・

ノーラン監督の最新作です。公開後、難解すぎて予習しないと意味

不明、とか展開が速すぎて付いて行けない、などのネガ情報があり

どうしたもんかね、と悩んだ末、結局何も情報を入れず素のままで

鑑賞。いや、全然OK。って言うか、大傑作じゃねーか。もちろん、

エントロピーとか陽電子とかの意味は分かんないし、ストーリー

だって把握できてないがな!(ええっ)

 

それでこの満足感はすごい。登場人物に「細かいことは気にすんな」

的セリフを言わせたり、敢えて主人公の名前を秘しているあたり、

この映画は映像の迫力と、パズル的思考、そしてスパイスの効いた

不快感(笑)を味わう体験型作品なのではないかと思うのですよ。

登場人物はほとんど説明的なセリフを言わないので不親切と言われ

ますが、それでこそのスピード感だと思うし、コアな人は絶対に

考察をしたくなる要素満載で鑑賞後までめっちゃ長い尾を引く

贅沢さです。多分そこまで計算してますよ、きっと。

 

一つだけ知っておくならば、今作はタイムリープものではなく、

「時間の逆行」なんです。つまり過去に戻るのではなく逆回しの

世界に入り込むことができる、ということ。それをまたCGでなく

アナログで撮影してるのがまたとんでもない。ノーラン無双ですわ。

個人的にはとても親切で万人向け作品だと思いますが、いかがで

しょう?

 

そしてまた恐ろしく完成度の高い邦画「ミッドナイト・スワン」。

草薙剛さんがLGBT役を演じていることが話題になりましたが、

本作はそれだけでなく、ネグレクトや田舎の閉鎖社会、親の無関心

など扱いづらいテーマばかりてんこ盛りです。それだけだと単に

暗く重い作品になりがちですが、真逆の方向へ導いてくれる驚く

べき映画です。よくまあ120分にこれだけ詰め込めたな。

 

監督は内田英治さん。僕は今作が初めてでしたが企画から脚本まで

全て手がけたんだとか。天才か。主演の草薙さんも、ヒロインの

服部樹咲さんも当然スゲーですが監督が真にスゲー。(語彙力 – -;)

夜の店で働く主人公とその親戚で育児放棄された女子中学生が一緒に

暮らすことになり、居場所のない2人が心を通わせていく、ってな

ストーリーですが繊細なテーマを扱うゆえか脚本が練りに練られて

おり、しっかり娯楽作品として仕上がっています。

 

本作も一つだけ。バレエが一つの鍵になっていますが、白鳥の湖

という童話のあらすじだけでも知っておくとさらに楽しめると

思います。テネットに負けず、実は色々と考察したくなる作品です。

また表情や仕草が雄弁で、素直に涙できる素晴らしい作品です。

“思い出し泣き” できちゃうよ。

 

タイプは違えど、両作とも1秒たりとも目が離せない衝撃作です。

上映館数は随分減っちゃいましたが、是非とも劇場で鑑賞くだ

さいませ。Go To シネマとかやってくんねーかな。

2020年10月29日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ