院長室

« 10月 2020 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説-28 小青竜湯

“花粉症の漢方薬” と名を馳せているのが小青竜湯です。市販

されているほど身近ですが、よくよく考えてみると漢方薬が

発明された時代に花粉症なんてありません。アレルギーという

概念だって無いはずです。ということは…?!

 

・小青竜湯(ショウセイリュウトウ 19番)

構成:麻黄3g+桂皮3g+芍薬3g+甘草3g

+乾姜3g+半夏6g+細辛3g+五味子3g

 

意外と構成生薬数がありますね。見落としてはいけないのが

麻黄+桂皮の組合わせです。これは麻黄湯や葛根湯の基本

骨格にもなっていた、「発汗して解熱させる」コンビです。

つまり19番は基本的には悪寒発熱に使用する風邪薬なん

です。

 

ではなぜ花粉症に有効なんでしょうか?生薬構成の2段目に

秘密がありそうです。半夏(ハンゲ)が6gと多いですが、この

生薬に咳を抑える作用があります。細辛(サイシン)五味子(ゴミシ)

にも鎮咳作用があります。ということは咳がメインの風邪に

適応ということになりますね。さらに細辛、乾姜(カンキョウ)

は温める効果が強く、半夏、五味子は水分代謝を調整する

作用もあります。ならば「冷え」と「水っぽい」ことが適応

に加わりそうです。

 

よく、水道の水みたいな鼻水によい、なんて言われますが

鼻水を止めるというより「冷えて透明な水が出る」ことに

対する効果の結果と言えるでしょう。ここが花粉症の症状に

偶然マッチした、というのが正解です。重要なのは冷え

の有無です。冷えを契機に症状が出る、でも構いません。

当然抗アレルギー効果はありません。また、

 

・苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ 119番)

構成:茯苓+杏仁+甘草+乾姜+半夏+細辛+五味子

 

なんてのもあり、7種の生薬のうち後ろ5つが19番と

同様です。かつ麻黄+桂皮を含みませんので悪寒発熱には

効果は無いですが、19番の特徴を引き継いでいるため

副作用で麻黄が服用できない人の咳や鼻汁に使ったり

します。ちなみに7種の生薬の一文字ずつをつなげた命名

となっています。

 

小青竜湯はあくまでこのような適応なので、花粉症=

19番では無効例が出てしまいます。例えば目の充血や

鼻づまりがメインでは適応外ですよね。有名処方とは言え

短絡的な使用は避けるべきです。

2020年10月26日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ