院長室

« 9月 2020 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

湿潤療法の実際

今月の健康教室はキズの治療法、湿潤療法を取り上げます。

以前も話した内容ですが、意外とまだ浸透してないんです

よね〜。(^ ^;)

 

そもそも湿潤療法は夏井睦先生が開発された治療法で、キズ

やヤケドを痛みなく、きれいに治す、というのが売りです。

ちょうど夏井先生が湿潤療法を世に知らしめようと活動を

始められた頃、僕は医師3年目で当時夏井先生が勤務されて

いた病院に見学に行き、治療の実際を学ばせて頂きました。

 

それからかれこれ20年近く経過しますが、まだまだ湿潤

療法は “当たり前” にはなっていません。パラダイムシフトは

古い認識の人が減らないと起こらない、なんて聞いたことが

ありますが、医師には定年がないのでより起こりづらいの

かも知れません。

 

とは言え、自分の経験上、湿潤療法のメリットは大いにある

と実感できていますし、体験した患者さんが勉強し実際に

応用している場面にも遭遇したりして、間違いのないものだと

確信しています。理論や細かいメソッド等は夏井先生のサイト

を参照してもらうのが一番ですが、健康教室ではなるべく簡潔

に、そして被覆材などの使用法の具体例をお話しします。

 

コロナの影響で体育祭などは縮小開催だし、熱すぎて外出も

ままならないし、であまりケガをする機会はなかったかも知れ

ませんが(笑)、知っておいて損はない内容と思います。今後

寒くなってくるとヤケドは増えますしね。乾燥肌への応用

なんかもできます。奮ってご参加ください!

2020年9月17日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ