院長室

« 9月 2020 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

知事をリコール?!

愛知県にお住まいの方以外はあまり関心がないかも知れま

せんが、現在大村愛知県知事のリコール運動が起きています。

まあ愛知県民でも知らない人が大多数なんですけど。(^ ^;)

 

県知事のリコールは前代未聞だそうで、僕も情報を集めて

みました。なんせテレビ、新聞はこの話題を報道しません

ので。リコールは、まずは一定期間内に一定数の署名を集め

リコールのための投票を開催する、という流れだそうです。

いきなり辞めさせられるわけではないんですな。

 

そもそも何故、知事に対するリコール運動が起きているか

と言うと、あいちトリエンナーレという芸術祭の中で昭和

天皇の写真を燃やして踏みにじる映像や、特攻で亡くなった

方を揶揄したモニュメント、韓国の慰安婦像の設置を “作品”

として展示したことが発端のようです。それが例え気分を

害するものであっても、私費を投じてやる分には当然表現の

自由の範疇です。ですが、トリエンナーレではこの展示内容

を隠して税金使用を申請し、その後しれっと展示したことが

問題である、ということです。この許可は大村知事が行って

おり、彼にも責任があるのではないか、ということでリコール

に発展したようです。しかも分担金を払え!と大村知事は

河村名古屋市長を提訴しました。コロナ禍の最中にね。

 

このリコール運動の発起人が「イエス高須クリニック!」で

有名な高須克弥院長なので、イロモノ扱いされてしまいがち

ですが(^ ^;)、内実を知れば得心するものでした。詳細は

このページにあります。リコール反対派の署名も行われて

いますが、その主張は「表現の自由を守れ!」なので随分

的外れかな、と思います。リコール運動が本格化した後、

事務所に盗聴器が仕掛けられたり、サイトがサイバー攻撃を

受けてダウンしたりと、相当な妨害にも遭っているようです。

リコール運動は法で認められた活動なので、その妨害は

歴とした犯罪なのですが、裏を返せば意地でも阻止したい

理由があるとも言えます。映画みたいですね。

 

署名活動はどこでもやっているわけではなく、受任者が

持つ公式の署名用紙に記入する必要があります。しかも

受任者が集められる署名は受任者が住む地域の方のみです。

少しややこしいですが、僕は受任者になっていますので、

もし一宮市在住で署名したい方がみえれば、お声がけ下さい。

ちなみに署名したら個人情報が公開される、というデマも

流れていますが、そんなことはありません。このデマを

流した方は高須院長から訴えられています。いや、ホント

映画みたいやわ。「ミッション:インポッシブル 愛知」

2020年9月14日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ