はりの部屋

« 9月 2020 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

腰痛の意外な原因

だんだん秋らしくなってきました。

食欲の秋、といきたいところですが要注意。

 

お腹に負担をかけると腰痛を招くこともあります。

東洋医学では、腰痛などさまざまな不調の根本原因を「内臓の働きやバランスの問題」と捉えます。

 

例えば、内臓の一つ「腎」は、膀胱、腰、骨、歯、髪の毛などと関係が深いため、腰痛のときは腎や膀胱の機能に問題がないか?と推測します。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などは「骨」の問題なので、骨と関係する腎や膀胱のツボに鍼をしていきます。

 

さて、不調の根本原因である内臓は、

五臓…肝、心、脾、肺、腎

六腑…胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦

となり、お互いに関係性があります。

 

その一つが相克関係(そうこくかんけい)です。

これは互いに抑制し合う関係。

脾・胃は腎を抑制します。

そのため、食べ過ぎなどで胃が過剰にがんばり過ぎると、腎を抑制し過ぎてしまい働きが悪くなります。その結果、腎と関係する腰にも問題が出るわけですね。

 

食べる量をほどほどにして、脂っこいもの、甘いもの、添加物が多いものなどを控えめにしましょう。

2020年9月12日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ