院長室

« 10月 2020 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今こそMgを!

毎日ほとんどの患者さんに「足つならいですか?」と聞いて

ウザがられていないか内心不安ですが(笑)、いいんです、

マグネシウム(Mg)不足を知る、あるいは知ってもらう

手掛かりになるのですから。

 

Mgは1年を通して重要なミネラルですが、この時期は発汗

が増え浪費しやすいのでさらに重要となります。Mg不足症状

はこむら返りだけでなく多岐に亘りますが、こむら返りは

典型的であり、また、わざわざ申告することでもない、と

思われていたりするので頻回に尋ねるようにしています。

 

Mgは発汗だけでなく、ストレス負荷でも尿から排泄されて

しまいます。睡眠不足や夜勤、コロナストレス?でも身体

から出て行ってしまうでしょう。イライラしながら肉体労働、

なんてハイリスクですよ。で、Mgが不足すると精神的にも

過緊張になりますので、さらにストレスに拍車をかけ悪循環

となります。

 

またMgは絶対的不足だけでなく、相対的な不足でも症状が

出ます。その良い例が女性の更年期と乳製品摂取です。女性

ホルモン減少により血中カルシウム(Ca)が増加し、協働

するMgが相対的不足になります。乳製品もCaとMgのバランス

が悪いので同様です。年齢と共に月経周期が乱れてきて、

骨粗鬆症予防に牛乳毎日!なんてのもハイリスクとなります。

 

一般的には1日300mg程度のMgを、と言われますが

相対的不足でも症状が出るため、上記量を摂取しても安心

ではありません。ストレス負荷も一定ではないので、1日

の必要量にも波があるでしょう。少し乱暴な考え方ですが、

あまり摂取量に囚われず、摂取して軟便や下痢になる一歩

手前が至適量、というのが間違いないかも知れません。

 

その補給ツールとしては天然塩(ぬちまーすがオススメ)、

海藻類、硬水、エプソムソルト、です。もちろん取り除ける

リスクは排除した方が効きが良いです。上手に食事や仕事

に取り入れて下さい。

 

…なんてのも耳タコでウザいっすか?!(笑)

2020年7月30日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ