はりの部屋

« 7月 2020 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スマホが与える影響

スマホやインターネットは、つい閲覧時間が長くなってしまいますね。

スマホやパソコンの長時間の使用が、なぜ身体に負担をかけるのか?

を東洋医学的にみてみます。

 

東洋医学の考え方のベースには、「陰陽」の考え方があります。

ざっくり説明すると、世の中のことは陰と陽の二つの性質に分けられ、互いがバランスを取ることで成り立っている、という考え方です。

 

陰と陽の分類は

陽…熱、火、上、昼、夏、動

陰…寒、水、下、夜、冬、静

などです。

 

例えば、

一日は朝→昼→夜と変化しますが、これは夜明けとともにだんだん陽の要素が多くなり、昼に陽がピークを迎え、夜にかけて陰が増えていく、というバランスをとっています。

一年は春→夏と陽が増え、夏至で陽のピークとなり、秋→冬とだんだん陰が増えていきます。そして、冬至で陰がピークとなり、また陽が増えていく…。

という感じです。

 

人も自然の一部と位置付けているので、身体も陰と陽のバランスが大切です。

現代の生活スタイルは、味の濃い食事、食品添加物、夜更かし、座位のPC作業が多い、空調…などの影響で陰陽のバランスを崩しやすく、陽に傾きやすい(陽>陰)傾向にあります。

 

この環境で、スマホ・パソコンを長時間見るとどうなるでしょうか?

目への光刺激は、神経をたかぶらせます。

神経がたかぶっている状態は、「静」ではなく「動」の状態ですから、「陽」です。

 

現代の生活スタイルは、すでに身体が陽>陰の状態になっています。この状態で、さらに陽の状態になることをするわけですから、バランスはさらに陽>陰に傾いてしまうわけです。

 

ですから、いかに陽の要素を加えないか、が養生のポイントになります。

とくに夜寝る前にスマホを触る方は要注意。

 

夜は陰の時間帯ですから、ゆったり穏やかに過ごし、身体を陰の状態に傾けることで良質な睡眠を取ることができます。

寝る1時間前には、スマホを遠ざける習慣をつけていきましょう。

 

現代は、スマホと上手に付き合うことが健康の秘訣です。

2020年7月11日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ