院長室

« 7月 2020 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

漢方薬解説-19 補中益気湯

今回は、前回紹介した十全大補湯(48番)と双璧をなす

参耆(人参+黄耆)剤である補中益気湯です。こちらも非常に

有名な漢方薬ですが、48番と双璧をなすからなのか、

今ひとつ使い分けがしっかりなされていない側面もあります。

構成を見てみましょう。

 

・補中益気湯(ホチュウエッキトウ 41番)

構成:人参4g+蒼朮4g+甘草1.5g+大棗2g+生姜0.5g

+柴胡2g+当帰3g+陳皮2g+黄耆4g+升麻1g

 

上段はほぼ四君子湯(75番)ですから、胃腸を助ける薬で

あることは間違いありません。48番と共通する部分ですね。

48番ではこれに四物湯と桂皮、黄耆が追加された構成に

なっていましたが、41番では下段が随分違います。ここが

分かれば使い分けも容易になります。

 

ここでポイントになるのが柴胡(サイコ)と升麻(ショウマ)です。

柴胡は抗炎症作用と理気作用がありました。そして升麻は

様々なものを “持ち上げる” 作用があります。と言うことは

41番の精確な適応は消化吸収能力が落ち、それに伴って

炎症がくすぶる、さらに “落ちている” 病態、となります。

具体的に言うと胃腸風邪などの感染症で食欲が戻らないとか、

食欲がなくて気分が落ち込む、なんて場合が良さそうです。

 

胃下垂や膀胱下垂、子宮下垂などの解剖学的病態にも使用

されますが、これは升麻が配合されるからで、やや拡大解釈

かも知れません。柴胡とのタッグを考えると、むしろ精神的

な落ち込みの方が効果が期待できるでしょう。ちなみに

参耆剤としては48番より高用量なので、胃腸症状に対する

効果は48番より優れています。

 

さて、41番を理解する上でもう一つ大事な視点があります。

それは「何が配合されていないか」です。これまでは構成生薬

そのものに着目して効能を理解するよう努めてきましたが、

配合されていないことの意味、というのもあるんですね。

 

41番で敢えて配合されていない生薬、それは桂皮+茯苓です。

これまで何度も登場した組合せですね。「気を降ろす」効能

がありました。これが升麻の効能とバッティングしてしまう

ため41番には入っていないわけです。と言うことは、41番

はめまいや嘔気には向いていない、とも解釈できます。

胃腸系の薬ではありますが、嘔気は適応外なんですね。

 

いかがでしょう?最後は少し難易度が高かったかも知れ

ませんが、処方の理解は構成生薬だけでなく、構成外生薬

からも攻める方が良いぜ、という好例です。頻用処方ほど、

より処方の意図を理解しておくと都合が良いです。(^ ^)

2020年7月13日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ