院長室

« 6月 2020 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

漢方薬解説-15 柴胡桂枝湯

前回、「冷やす」効果がある柴胡と「温める」効果のある桂皮

は逆の作用である、と書きました。鋭い方は疑問に思ったかも

知れません。12番にも桂皮は配合されていますからね。ここ

は漢方薬を理解する上で混乱する部分になり得ますが、逆の作用

だから併用しない、わけではないんですね。と言うのも生薬の

効能は一つではないから。別の効能を利用したくて配合している

ことは多々あります。今回紹介する漢方薬も柴胡と桂皮が併用

されている処方になります。

 

・柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ 10番)

構成:柴胡5g+黄芩2g+半夏4g+人参2g

大棗2g+甘草2g+生姜1g+桂皮2g+芍薬2g

 

小柴胡湯(9番)に桂皮と芍薬を追加した処方です。何か目的が

あって追加した、と言うよりこの処方の下段は桂枝湯(45番)

なので、9番と45番を合体させた、と見る方がよいです。

どちらも風邪の時に使用される処方で、悪寒、発熱などの初期

に45番、解熱傾向だが悪心や咳が残る時に9番、と経過の中

で使い分けられてきました。10番は両方を配合しているので

その中間の時期、と考えれば良いわけです。

 

もちろん柴胡には「緊張緩和」作用がありますから、風邪とは

関係なく桂皮で「気を降ろし」芍薬で「筋をほぐす」と解釈

してイライラがあって筋がこわばる場合に使ってもOKです。

 

さて、重要柴胡剤がもう一つあります。見てみましょう。

 

・柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ 11番)

構成:柴胡6g+黄芩3g+栝楼根3g+牡蛎3g

+桂皮3g+甘草2g+乾姜2g

 

名称からは10番に乾姜(カンキョウ)を追加した薬?と思いがち

ですが、もう9番ともかけ離れた構成になっています。(^ ^;)

柴胡+黄芩を核としているのは不変で、そこに12番にも配合

されていた牡蛎(ボレイ)と桂皮があるので「理気剤」として

運用することを目指しているのが分かります。事実、この処方

はイライラや不眠、音や臭い、光への過敏状態などによく使用

されます。

 

では栝楼根(カロコン)と乾姜の配合目的は何でしょう?栝楼根は

「潤す」作用があり乾姜は「温める」作用があります。つまり

これは柴胡の副作用対策なんですね。柴胡は緊張を緩和し炎症

を抑える効果があり重宝しますが、反面身体を冷やしたり乾かし

たりしてしまうので運用にコツがいるのでした。その負の側面

を他の生薬で相殺しているわけです。乾燥や冷えを訴える場合

には一石二鳥ですね。配合の妙に感心します。

 

3回にわたり柴胡剤を紹介してきましたが、小柴胡湯(9番)

を中心に8番と12番はその効果や範囲を拡げる処方、今回

紹介した10番と11番は柴胡の弱点を補う処方、と捉えると

整理しやすいと思います。柴胡剤が理解できるようになることは、

漢方薬を生薬で考えられている、と言えますし、逆に生薬を

考慮しないと柴胡剤は理解しにくい、と言えます。

2020年6月1日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ