院長室

« 6月 2020 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

そろそろMgを

コロナ自粛が緩和され、いよいよ諸活動が再開されている

わけですが、同時に気温も上がって今度は脱水、熱中症の

危険性が増しています。

 

脱水による症状は何も水分だけの不足で起きるものではなく、

重要なミネラルの喪失が大きな要因となります。その最たる

ものがマグネシウム(Mg)です。Mgは身体を「ゆるめる」

作用がありますから、不足すると「緊張」状態に陥りやすく

なります。

 

例えば、こむら返りや筋肉の張り、動悸、イライラ、不眠

などなど。都合の悪いことに、ストレスが重なると尿中に

Mgが排出されていくので、さらに不足状態となります。

コロナの影響で経営的打撃を被った方々は、活動が再開と

なってもすぐに問題が解決するわけではありません。むしろ

補償が無ければさらにひどいことになる場合だってある

でしょう。大変なストレスです。

 

つまり、暑い時期のストレスはMg需要が増え、容易に不足

状態になり得るわけです。もう今の段階でMgを補給して

おかねば夏を乗り切れないかも知れません。Mgは天然塩、

海藻に比較的多く含まれますが、大量摂取しにくい食材でも

あるので、例えばにがり液や硬水のミネラルウォーターも

武器になるでしょう。また、皮膚からMgを吸収させる目的

でエプソムソルトという入浴剤も有用です。

 

ちなみに天然塩ならMg含有量が最も多い「ぬちまーす」を

オススメしています。それでも足りなければサプリメントも

アリでしょう。それくらいあの手この手を使ってようやく

Mg不足は解消されます。そして乳製品を控えること。Mgは

カルシウム(Ca)過剰で相対的な不足となり、やはり

不足症状が出やすくなります。豆乳やアーモンドミルクは

OKですが、牛乳やヨーグルトは一旦控えるべきでしょう。

 

折角の活動再開です。十二分に活躍できるよう、まずは精神、

肉体的に準備万端としたいものです。

2020年5月28日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ