院長室

« 5月 2020 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説 -11 加味逍遙散

桂枝茯苓丸(25番)、当帰芍薬散(23番)、と来たらこの

処方を紹介せねばなりますまい。予想通り、の方も多いのでは

ないでしょうか。(^ ^)

 

・加味逍遙散(カミショウヨウサン 24番)

構成:柴胡3g+当帰3g+芍薬3g+茯苓3g+蒼朮3g

+甘草1.5g+生姜1g+薄荷1g+牡丹皮2g+山梔子2g

 

23、24、25番と連番になっていることもあり、これら

3薬は “婦人科漢方三銃士” の如く頻用されています。どれも

月経の不調や更年期の諸症状に使用され、24番は特に不眠や

イライラがある場合に使用されます。もちろんそれぞれ効果は

ありますが、問題はその選び方なんですね。体型や顔色などで

使い分けることが当然のように紹介されますが、それはむしろ

補助的な診断法です。またそれをやると併用の選択肢がなく

なるのでもったいないです。やはり構成生薬から考えることが

主でなければなりません。

 

では24番を解析してみましょう。生薬数は10種でこれまで

紹介してきた処方の中では比較的多いですね。しかし「加味」

とは「生薬を足す」という意味なので、加味逍遙散の本体は

「逍遙散」です。上記構成の最後の2つ、牡丹皮(ボタンピ)と

山梔子(サンシシ)が後から加味された生薬です。

 

つまり逍遙散という薬があって、何か物足りないから2つ足して

みたら適応する人が多くてヒット商品(笑)になった、という

ことです。では逍遙散とはどんな薬か。中心となるのは柴胡(サイコ)

+薄荷(ハッカ)です。この2つが「気を晴らす」という効果が

あるので、気分が落ち込んだり、胸苦しかったり、イライラ

したり、という症状に良いのです。

 

2〜4番目の当帰、芍薬、茯苓、蒼朮は当帰芍薬散(23番)

にも配合されていましたから、23番+気を晴らす(理気作用と

言います)のが逍遙散、という見方ができますね。

 

さて加味された山梔子は「冷やす」効果があります。牡丹皮は

桂枝茯苓丸(25番)にも配合された血を巡らせる生薬です。

この加味された効能こそが24番の意味ですから、そう、ほてり

の有無がこの薬を選択する上で重要、ということになります。

理気作用にばかり目が向いて「不定愁訴の漢方」なんて紹介

されることも多いですが、それは逍遙散のことであって24番に

特化したものではありません。

 

不定愁訴は“原因が特定できない非定型的症状” みたいに捉えられ

ますが、そもそもは「訴えが一定しないこと」なので原因不明

の難しい症状のことではありません。これも24番を誤用する

ことに繋がるので注意が必要です。

 

生薬数が増えれば効能が増え、組合せによる副次的な効果も付与

されるので一気に複雑になる気がしますが、考え方は全く変わり

ません。…って、解説長い?だってヒマなんですもの。(笑)

2020年4月16日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ