院長室

« 3月 2020 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「グッド・バイ」/「1917」

今回は久々の洋ちゃん主演映画とアカデミー賞逃したで賞(笑)映画

2本を紹介しましょう。

 

まずは我らが大泉洋主演「グッド・バイ」。終戦直後の忙しない時代、

女性にだらしない主人公が妻子と真っ当に暮らすため偽の妻を仕立てて

愛人達と別れられるようあれこれ画策する…というコメディ。原作は

太宰治ですが、未完のためアレンジし舞台化したものの映画化、だ

そうです。

 

で、だらしない主人公を大泉洋さん、ガサツで金にうるさい偽の妻を

小池栄子さんが演じます。終戦直後の町並みの再現度は結構なもので

入り込みやすい…かと思いきや、意外にも洋ちゃんと小池さんがそれを

拒むんですわ。なんせ2人とも人の良さがにじみ出ちゃってる。(^ ^;)

特に小池さんはダミ声で話す設定なんですが、これがコントっぽくて

どうもね。洋ちゃんもコメディパートはさすがの演技なんですが、

シリアスパートがイマイチ。まあこれは演出の問題も多分にあると

思うけど。

 

そして主人公に一方的に別れを告げられる女性達や本妻も結構性格が

悪くて全く同情できず、結果主人公のだらしなさが薄味になりそれに

協力する偽妻の説得力も希薄になる、という中途半端な感じになっ

ちゃってます。まあ洋ちゃん好きなら観ても損ないかな、くらいの

作品ですかね。

 

そして圧倒的有利を覆されてアカデミー賞を逃した「1917」。

第1次世界大戦中、ドイツ軍の罠を知らせるために最前線で戦う

イギリス兵に命を賭けて伝令する、というお話。実際に戦地にいた

方の伝聞から構築されたそうです。非常にシンプルなんですが、

全編ワンカットで撮られたかのような映像が話題になっています。

 

確かにこれは凄い。実際のワンシーン撮影は最長で8分ちょっと

らしいのですが、どこがつなぎ目か分からないです。常に主人公の

背後を追いかけている視点なので、自分も一緒にいつ銃撃されるか

分からない戦地を駆けていく緊張感が味わえます。ヘタなホラーより

心臓に悪いっす。(笑)

 

ただこの作品の特筆すべき部分はその映像技術より、脚本の妙だと

思います。任務を請け負う冒頭シーンからラストまで風景や心情が

見事に対比あるいは相似で表現され、同時にこれで完結しない戦争

への虚無感も克明に描きます。このある意味数学的な構成が戦争の

無慈悲さを表しているようにも感じました。お、なんか賢そうな

文になったぞい。

 

コロナウィルスの影響は多方面に出ていますが、映画館が空いて

いるのは僕にとって嬉しい誤算。でもなんか診療もヒマになってる

気がするけど、そっち方面は見ないでおきますぞい。

2020年3月2日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ