院長室

« 9月 2020 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ナイブズ・アウト」/「前田建設F営業部」

アカデミー賞受賞作品ばかりが目立っておりますが、こちらも

侮れませんぞ、という2作品。

 

まずは「ナイブズ・アウト」。著名な高齢ミステリー作家が豪奢な

自宅で死体で発見される。自殺と見られるも探偵に匿名の捜査依頼

が届き…というお話。これだけで白メシ2杯はいけそうですが(笑)

単にミステリー好きに向けた映画ではないのが特徴。

 

古めかしい館も、遺産が欲しくて堪らない何か隠してそうな家族も、

無意味にカッコつける名探偵も、無能な警察も(笑)すべて古典的

ミステリーに不可欠なツールなのですが、これが既にミスリード。

序盤でほぼ事件の全貌は明らかになってしまい、なんだコロンボ方式

か、と思わせるのもこれまたミスリード、という驚きの作品です。

 

しっかり伏線も張られており、俳優陣の名演もさることながら練りに

練った脚本が一番の見所です。ドンデン返しのためだけの無理くりな

トリックに走りがちな昨今、これを完全オリジナルでやってのけた

手腕はアツデミー賞(←ナニソレ)では何らかの賞を獲得すること間違い

ないでしょう。

 

そして「前田建設ファンタジー営業部」。いやこれも凄いぞ。ある

建設会社がPRとして空想世界の建築物を現代の技術で実際に作ったと

したらどうなるか、というのをシミュレーションする企画を立ち上げ

ます。最初はイヤイヤだった面子も次第に熱くなり…というお話。

今回はマジンガーZの格納庫を作ります。(笑)

 

バカバカしいんだけど、何故か泣ける。マジンガーZを知らないと

分からない単語も出ては来ますが、そんなことはあまり問題になら

ないくらいブレストファイヤーなんです。あ、熱いってことね。(^ ^)

 

実は前田建設もファンタジー営業部も実在しておりホームページ

あります。書籍化、舞台化もされているそうで、実は人気のコンテンツ

のようです。僕も本作を観るまで知らんかった。悔やまれるぜ。

撮影は本社の建物や工事現場、社員さん(!)を使用しておりリアル

さは半端ないです。現実と比べれば随分脚色されているそうですが、

これは下町ロケットより面白いかもよ。観てないけど。(オイ)

 

主演は最近急に上手くなった高杉真宙さん、脇を上地雄輔さんや、

おぎやはぎの小木博明さん、岸井ゆきのさん、六角精児さん、と

何となくコメディー寄りではありますが、これがまた良い雰囲気を

出しているのです。なんと永井豪先生もチラッと出演されております。

これもまたアツデミー賞では(略)、、マジンガーZ好きには失禁

モノですが、そうでなくても熱くなれる良作です。

 

多分、2作品ともそんなに長く上映されないでしょうから、もし

興味を持ったら即映画館へ、マジンゴー!です。(^ ^)

2020年2月17日 月曜日

カテゴリー 院長室

タグ