はりの部屋

« 6月 2020 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

冷え対策

ここ数日、冷えてきましたね。

 

「冷えると血流が悪くなるから、温めないと…」

というセリフを耳にします。

 

たしかに温めると血流は良くなります。

しかし、血流が悪い原因には流れが滞っているだけでなく、

そもそも流れる血(東洋医学で「けつ」と呼びます)が

足りていないということがあります。

 

東洋医学では、大きく「陰と陽」という二つの概念で

捉える考え方があります。

血は液体ですから、陰に分類されます。

そもそも血が足りない体質の方は、陰と陽で捉えると

陰が足りないとみることができます。

陽>陰

の状態ですね。

 

この状態の時に、カイロなどで温めるとどうなるでしょうか?

熱が加わるので、さらに陽が多くなって

陽>陰の状態、アンバランス

を助長してしまいます。

 

その結果、

「温めている時はいいけど、また症状がぶり返す」

ということが起こります。

温めると一時的に流れが良くなるので痛みやコリが

ほぐれますが、もともと流れる血が少ないのでまた

元の状態に戻ってしまいます。

それどころか、熱を加える=陽を増やしているのですから、

めまいや立ちくらみ、肩こり、せき、かゆみなど

陽と関係する症状が出てくる可能性もあります。

 

対処法としては、

加温ではなく保温することです。

 

たしかに冷やすのはよくありません。

が、熱を加えると陽>陰を助長してしまいます。

カイロや電気毛布など、熱を加えるのではなく

上着を羽織る、襟巻きをする

などして自分の体温で保温することが大切です。

まずは身に着けるもので調整してみましょう。

2020年2月8日 土曜日

カテゴリー はりの部屋

タグ