院長室

« 3月 2020 4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説-3 麻黄湯

漢方薬紹介3回目は麻黄湯です。インフルエンザの治療で使用

する機会があるので、比較的有名な処方です。

 

・麻黄湯(マオウトウ 27番)

構成:麻黄5g+桂皮4g+杏仁5g+甘草1.5g

 

非常にシンプルに4つの生薬のみで構成されています。一般に

構成生薬数が少ないほど速効性がありますので、風邪などの急性

疾患に使用する漢方薬は生薬数が少ないことが多いです。

 

葛根湯の中にも配置されていた麻黄+桂皮がメインにあります。

これは体表を温め発汗させて解熱を促す効能があるので、悪寒

発熱かつ汗がない、という病態が対象になりますね。葛根湯に

比べ麻黄、桂皮共に配合量が増えていますから、ここに注力

した処方であることが分かります。発汗過多に対する甘草も

ありますね。杏仁はあんずの種のことで、喉の腫れや咳を

収める効果がありますから、ノド風邪向きの処方というのも

分かります。

 

注意点は麻黄の量が結構多い、ということです。麻黄はエフェ

ドリンという成分が多く、これによって交感神経過緊張を招く

ことがあります。症状では悪心や胃部不快が多いですが、尿が

出にくくなったり、やたらまぶしく感じるようになる、なんて

こともあります。それに対抗する胃腸系の生薬は配置されて

いませんので、副作用が出たら速やかに中止すべき、ある意味

“攻め”の漢方薬です。もちろん常用はしません。

 

インフルエンザの流行期によく使用されますが、決して抗ウィルス

作用があるわけではなく、感染時の症状が麻黄湯の守備範囲に

一致している、というだけです。予防効果もありません。あまり

発熱がなく倦怠感が主のB型では麻黄湯の効果は薄いでしょうね。

逆に症状がマッチさえすればインフルエンザ以外の感染症に

だって効果はあります。

 

ちなみに麻黄湯と桂枝湯を半分ずつ混ぜて、胃腸に配慮できる

ようにし、麻黄量を抑えた処方があります。桂枝湯、麻黄湯

各半分ずつ、と言う意味で「桂麻各半湯(ケイマカクハントウ)」と言い

ます。素直なネーミングですねぇ。(笑)1袋の量も少なく

飲み易いのでウチでは結構使うことが多いです。

2020年1月23日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ