院長室

« 1月 2020 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

漢方薬解説 葛根湯

漢方薬紹介の2回目です。今回は落語のネタにもなっているほど

有名な葛根湯です。葛根湯を風邪薬として認識していますか?

はたまた肩こりの薬でしょうか?それも生薬の構成から見ると

腑に落ちると思います。

 

・葛根湯(カッコントウ 1番)

構成:

葛根4g+麻黄3g+桂皮2g+芍薬2g+甘草2g+大棗3g+生姜2g

 

上記の通り、葛根湯は7種類の生薬から構成されます。葛根湯の

効果はそれぞれの合算、ではあるのですが桂皮以降の5種類で

桂枝湯(ケイシトウ 45番)という薬になります。これが悪寒の

ある風邪の初期に使われるんですね。配合量は多少違いますが。

 

つまり葛根湯は桂枝湯に葛根と麻黄を加味した薬、と見ること

ができるわけです。麻黄は桂皮と組み合わさることで発汗作用を

強め、桂枝湯の効果を高めます。発汗させることで解熱させます

ので発熱時に使えますね。発汗し過ぎて脱水になることの予防策

として潤す効果のある甘草が配合されています。既に発汗がある

場合には使いにくい、というのも分かります。麻黄を中心に

据えた方剤を「麻黄剤」と呼んだりしますが、大抵は脱水予防

に甘草が併用されています。葛根湯も麻黄剤の一つです。

 

では葛根はどんな効果を持つのかというと、後頚部〜背部の鎮痛

です。これが肩こりに使われる所以です。さらに少量ではあり

ますが芍薬甘草湯(芍薬+甘草 68番)も配合されています

ので、鎮痛効果を高めることになっています。以上を考慮すると、

葛根湯が効く風邪は汗が出ていなくて、発熱悪寒があり、筋肉痛

や頭痛があるタイプ、ということになります。また、咽頭痛や咳の

生薬は配合されていないので、そういう場合は他の漢方薬にするか、

何か追加して対応することになります。どんな風邪でも効くわけ

ではないんですね。

 

ちなみに甘草+大棗+生姜の組合せは消化器系を助ける効果が

あるので、副作用防止の意味で様々な漢方薬に配合されています。

麻黄は過量になると胃部不快が出ることがあるので、葛根湯に

入っているのも頷けます。ちなみにちなみに、この麻黄の副作用

を嫌って桂枝湯に葛根だけ追加した桂枝加葛根湯という薬もあり

ます。これなら安全ではありますが風邪にはあまり効かなくなり

ます。ウチでは採用してませんが。

 

葛根湯の他にも桂枝湯からの派生処方は結構あります。それだけ

昔から重宝された薬だったんでしょうね。

2020年1月16日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ