院長室

« 8月 2020 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

漢方薬解説-1 芍薬甘草湯

最近の院長室が栄養療法に偏りつつあるのを少し反省して、

今年は漢方薬にもっと言及していこうと思います。かねてから

言っている通り漢方薬は生薬の集合体で、それぞれの生薬の

効果効能の合算がその漢方薬の効き所となります。つまり構成

する生薬の特徴を知ることが、漢方の効かせやすさに直結

するわけです。

 

まず今回は初回ということで一番シンプルな芍薬甘草湯を取り

上げてみます。カッコ内の番号は医療用エキス剤の番号です。

 

・芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ 68番)

構成:芍薬6g+甘草6g

 

ご存知、こむら返りの特効薬と言われている漢方薬です。その

名の通り構成生薬は芍薬と甘草のみ、という最もシンプルな

漢方薬です。こむら返りのみならず、筋肉のけいれんを止める

のに長けているので、寝違いやぎっくり腰、しゃっくりや

生理痛なんかにもよく使用されます。

 

ただ、この筋肉に対する効果を有するのは芍薬であって甘草

ではないんですね。ではなぜ甘草が入っているのか?がこの

漢方薬のポイントになります。甘草は咽頭痛の薬として使われて

きましたが、同時に身体を潤す効果があります。ゆえに

芍薬甘草湯には「身体を潤しながら筋肉の緊張を取る」という

処方意図があるのが分かります。ということは脱水に伴う筋肉

の痛みに有効、となります。運動後のこむら返りとか透析後の

痛みが最も良い適応になるわけですね。同時に甘草が過量に

なると潤しすぎることになり、むくみや高血圧といった副作用

が出るわけです。

 

高齢者は生理的に脱水傾向にあるので芍薬甘草湯がよく効く

場合は多いのですが、予防効果までは無いし、むくみや高血圧

の可能性があるので基本的には常用する薬ではありません。

 

このように漢方薬の効果も副作用も、構成生薬を知ることで

より明確になります。全部の漢方薬を紹介するのは無理ですが

(なんせ140種類以上ある ^ ^;)、使用頻度の高いものを

こんな風に紹介していこうと思います。

2020年1月9日 木曜日

カテゴリー 院長室

タグ