当院の治療

高濃度ビタミンC点滴

なぜ点滴なのか

ではビタミンCを補うにはどうしたらよいのでしょう?ビタミンCを多く含む食材やサプリメントを飲めばよいのでしょうか?もちろんそれで正解なのですが、実はビタミンCを経口摂取する場合、全てが吸収されるわけではないのです。腸から一度に吸収できる量は決まっており、投与量を増やすほどに吸収効率が悪くなります。大量投与で下痢をするのはこのためです。
このため、血中の濃度を飛躍的に上昇させるためには直接血管内に投与するしかないわけです。特に抗癌作用を期待する場合は血中濃度を高く保つ必要があるので、経口投与ではまず無理です。ですから食事療法やサプリメントではなかなか改善しない場合、癌に対抗する場合は点滴投与が必要です。

治療の手順・費用

ビタミンC点滴は正常細胞を侵しませんが、まれに副作用として溶血が起こります。これはG6PDという酵素が先天的に欠損している時に起こります。ですから、治療開始前にこの酵素があるのかを確認する必要があります。検査は血液で分かりますが、結果が出るまで2週くらい必要であることと保険適応ではない点をご了承頂きたいと思います。費用は8800円(税別)です。他院で既に検査されている場合は不要です。使用するビタミンCの量によって費用も点滴時間も変わります。
25g… 50分… 6600円(税別)
50g…100分…11000円(税別)
75g…150分…15400円(税別)
頻度は症状や疾患によっても変わりますが、最初の3ヶ月間は最低でも週に1回は必要です。症状に改善が見られれば間隔を空けていきます。G6PD検査は随時受け付けていますが、点滴は完全予約制です。