有機酸検査"

有機酸検査

有機酸って?

有機酸検査

有機酸とは炭素原子を含む酸の総称ですが、この検査で調べるのは人間の体内で代謝されて産生される有機酸です。我々は様々な栄養素を体内に取り込むことで生命を維持していますが、その時には必ず何らかの代謝産物が産まれます。この代謝産物を調べることで、体内で正しい代謝が行われているか、つまり正しい栄養利用が行われているかを判定するわけです。

何が分かるの?

有機酸検査は、もともとは新生児の先天性代謝疾患を見つけるための検査でしたが、成人の代謝障害や腸内環境障害を反映できるようになり、現在では栄養療法の診断法として確立されつつあります。計75項目もの結果が出ますが、特に優れているのがカンジダやクロストリジウムといった腸内感染症の有無や3大栄養素の代謝障害、脳内神経伝達物質の代謝障害の有無を知ることができる点です。これらは全て副腎疲労と関連する項目で、慢性的な疲労感、低血糖症状、アレルギー疾患、抑うつ症状など、改善しづらい症状の原因をつきとめる契機になるかも知れません。

検査の方法・費用

検体は起床時の尿を使用します。尿は老廃物というイメージがありますが、老廃物であるということは各栄養素が細胞で使用された後の最終代謝産物を含むということでもあり、代謝を知る上で向いているのです。起床時一番尿が検体になるため、患者さんご自身で検体を作成し発送して頂く必要があります。当院で検査キットをお渡ししますので、キットに同梱された説明手順に沿って施行してください。発送代金は患者さん負担でお願いしております。検査料は30000円です。予め予約の必要はありません。検査結果が出るまでには2〜3週間かかりますが、結果は当院に届きますので診察時に結果を説明致します。この検査の結果を元に食事指導やサプリメンテーションなどの治療に繋げていきます。