ピロリ菌検査"

その他

ピロリ菌検査

胃の中は胃酸という強酸が分泌されていて、微生物は住むことができないと思われていました。しかしヘリコバクター・ピロリという菌は酸を中和することによって胃内に住むことが分かりました。このピロリ菌が胃潰瘍や胃癌の発生と関連があるとされています。また胃酸を中和するので、タンパク質の吸収が阻害され栄養障害も招きます。

日本人はこのピロリ菌感染率が世界でもトップクラスなので、胃潰瘍や胃癌が多かったのかも知れません。しかしピロリ菌の除菌方法が確立したことによって、これらの症状を予防することまで可能になりました。最近になって検査から治療まで保険適応になり、治療の敷居が低くなっています。

但し、保険適応内で治療するためには事前に胃内視鏡等の検査が必要です。当院では内視鏡を施行しておりませんので、保険内治療を希望される方は関連病院への紹介を致します。自費にはなってしまいますが、血液検査で簡便に調べる方法もあります。ピロリ菌抗体とペプシノゲンという胃の状態を評価する酵素を測定する検査です。通常ペプシノゲンは測定される機会がないので、ペプシノゲンを知るだけでも価値はあると思います。検査費用4000円(税込)。