ハイドロダイセクション"

ハイドロダイセクション

ハイドロダイセクション

ハイドロダイセクション

超音波エコー装置を用いて注射をする治療法の一種です。これまではトリガーポイント注射と言って、押して痛い部位を探して局所麻酔薬などを注入する方法が一般的に行われてきました。しかしその場合「深さ」は考慮されないため、効果にばらつきが出るのが欠点の一つでした。

しかし近年、運動器超音波装置の精度が飛躍的に進歩し、注射に併用される機会が増えました。超音波装置を使用することで、圧痛部位の中を「見える化」することができ、目的の深度まで到達して注射することが可能になりました。これにより効果が一定になる、血管や神経を避けられる、診断精度が高まる、患者さんも見えるので情報を共有できる、など大きな価値が付加されました。

それだけでも臨床的意義は大きいのですが、さらに一段階進化したのがハイドロダイセクションです。ハイドロダイセクションでは用いる注射液が主に生理食塩水であることが特徴です。つまり薬剤による鎮痛効果を狙うのではなく、筋膜と筋膜の間を広げて血管や神経の圧迫を取り除く結果、除痛や可動域改善を狙うのが主たる目的なのです。これにより薬剤による副作用を考慮することがなくなり、さらに安全性が増しました。また麻酔薬を使用せずに改善するならば、痛みや運動制限の原因が筋膜間の運動制限であると診断できるので、運動療法につなげることもできます。症状によっては注射直後に効果を感じることができるのも特徴の一つです。保険内で行える治療です。