漢方薬

漢方薬

漢方薬治療のススメ

漢方薬治療のススメ

漢方薬に対してどのようなイメージをお持ちですか?
「飲みにくい」「即効性がない」「古くさい」「高い」…こんなところでしょうか?確かに味も独特ですし、ほとんどが粉薬ですから、西洋薬に比べて飲みにくいというのは首肯せざるを得ません。しかし西洋薬では得られない効果を発揮するのも事実です。そして効くときは実にスピーディーです。

特に西洋医学的にはあまり病気と認識されないような「疲れやすい」とか「やる気が出ない」、「体が冷える」といった症状は漢方薬の得意とするところです。また、花粉症などの各種アレルギー疾患では対症療法に終始してしまうのが西洋医学の現実ですが、体質を改善させることができるのも漢方薬の特徴です。

さすがに骨折や切り傷は西洋医学的治療を優先させるべきですが、ストレスが多く複雑化した病態が増加した現代では、漢方薬を活用できる場面が増えていると言えます。

さらに、高齢化社会において、たくさんの薬を飲んでいる方が増え、患者さんにも医療経済にも負担が増えている現状です。漢方薬は1剤で複数の効果が期待でき、1人の飲む薬剤量を減らし、経済的負担を軽減できる可能性があります。今では漢方薬もほとんどが保険適応になっているので、個人負担はずいぶん減ったと思います。

西洋医学と手を組んで、お互いの長所を活用できれば質の高い医療ができると思っています。