症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

梅雨はイヤ

最近しょうもない話ばかり書いていて、ちゃんと仕事を

しているのか怪しまれそうなので、症例の話を。(笑)


この季節、気圧の変動が激しく体調を崩す人が結構

多いです。

雨の日の前は頭痛がする、とか、天気が悪いとむくんで

しょうがない、とか。中には気分的にふさぎこんでしまう

なんて場合もあります。


これらの根っこは同じで、「水分調整が上手くいっていない」

ことが原因です。ですから、めまいだろうが、頭痛だろうが、

倦怠感だろうが、金欠だろうが(?)、水分調整を助ける

薬を使うと軽減されます。


特に使うのはかの有名な(笑)二日酔いの薬、五苓散ですが、

首から上に症状が集中する場合は、苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

という薬が効きます。この薬は水分調整だけでなく、「気」の

巡りも助けてくれるので、不安や不眠などの症状が出ている

人には第1選択かも知れません。


こういう気圧の変化に伴う症状は圧倒的に女性に多いですが、

なぜそうなのかは分かっていません。ちなみに僕はありません。

きっと女性の方が、敏感で繊細だからでしょうね。

うん、いいまとめ方だ。

    2010年7月5日 月曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ