症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

病名投与

・漢方薬の「病名投与」という言葉があります。風邪には葛根湯、とか腰痛に芍薬甘草湯、と言った具合に病名と1対1に対応させて処方するやり方です。もちろん漢方薬は症状に対して処方するわけではありませんから、病名投与が礼賛されるはずはありません。ただ、漢方を始めるには、まず使ってみないといけませんから、身近な症例で病名投与してみるのが手っ取り早いのも確かです。そしてまた、膨大な量の病名投与をして確かなデータを蓄積していかなければ、今の西洋医学会ではその効果が認められない、というジレンマもあります。病名投与は漢方の良さが実感できないので、個人的には主流になって欲しくないです。
・相手が横浜とは言え、ドラゴンズ開幕3連勝!うひひ。

    2009年4月6日 月曜日

    カテゴリー 症例報告 院長室

    タグ