症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

人体実験

久々に風邪をひきまして…。

めったに病気をしないので大した症状じゃないんですが

しんどいです。まあナントカは風邪をひかない、のナントカ

ではなかったと言うことは分かりました。(^ ^;)


で、ここぞとばかりに自分を使って漢方薬の実験。

主症状は鼻汁。しかも水様性なので小青竜湯がまず浮かびます。

まあそれじゃありきたりなので、かねてから小青竜湯の裏処方とされ、

肩身の狭い思いをしてきた苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンミョウミシンゲニントウ)

を使ってみました。

この薬は麻黄という生薬が入っていないので、感冒自体にはあまり

効果を期待できませんが、鼻汁だけならきっと効くハズ…。

うん、確かに「タラ~」とたれる鼻汁は減りました。…が、今度は鼻閉に。

それでは、とお次は柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)にチェンジ。

この薬は感冒から肺炎まで広く呼吸器感染症に適応があるのですが、

これまた麻黄が入っていないので僕はあまり第1選択では使っていません。

で、効果のほどはイマイチ。

ちっ、なんだか体がしんどくなってきたぜ…、やはり麻黄がいるか~。

ってことで定番の葛根湯を。これも普通に使っても面白くないので、

1回2袋を3時間おきくらいに爆撃投下しました。

これは効く。さすが麻黄。

けど、副作用としての口渇が出ましたね。胃の不調が出ると使いにくくなりますが

長期投与するわけじゃないので、口渇くらいなら我慢しよう。

なんだ、じゃあ最初から麻黄湯あたりがよかったのか、という結論ですが、普通

発熱もなく鼻汁だけなら選択はしませんので、いい経験となりました。


こういう実験は同時に使わなければ、正確な判断はできないですが、やはり高齢者

じゃなければ麻黄剤をしっかり使うのがいいんだな、と再認識した次第。

こういう涙ぐましい努力が日々の診療に役だっているのです。(笑)

    2010年4月9日 金曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ

    降り続いておりやす

    日本人の大多数が真央ちゃんの涙ネタで湧いている所に

    全然関係ないネタを。


    今日は1日中雨でした。これはズバリ季節の変わり目の証拠で

    これから暖かくなるってことで良い兆しですが、人によっては

    こういう天気の日ほど調子が悪い場合があります。

    例えば、低気圧が来ると関節が痛いとか、雨降りの前の日には

    頭痛がするとか…。


    西洋医学ではあまり相手にされない症状ですが、漢方的には

    歴とした異常です。これは体の水分バランスの変調が原因と

    考えられます。

    このような症状のある方は、試しに鏡の前で自分の舌を見てみて

    下さい。かなりの確率で舌の縁が“ガタガタ”になっているはずです。

    さらに、むくみやすい、めまいや立ちくらみがある、なんて症状が揃って

    いたら間違いありません。


    漢方薬には水分調整をする薬があり、このような症状の方によく使用

    します。症状がなくても舌が“ガタガタ”だったら要注意ですよ!

      2010年2月26日 金曜日

      カテゴリー 症例報告

      タグ

      在庫管理はムズカシイ!

      薬の院外処方が主流になって、大きな病院の向かいには門前薬局が

      軒を連ねています。院外処方にすれば在庫を抱えなくて済むので、

      そりゃあ楽チンなんですが、何とかウチは院内処方で踏みとどまっています。


      しかし、それはそれで問題も多く、特に漢方薬ですと、場所を取る、仕入れの

      包装が大・小の2種類しかない、といった問題点があります。

      特にウチの場合は、薬屋さんもお休みの土日祝日に診療するので、在庫が

      足りなくなったときに補充できません。かといって事前に大量に入荷して

      ilm09_al01002-s1

      不良在庫を抱えるのも嫌だし…。

      そんなわけで、症状が安定している場合でもあまり長期の処方はしないよう、

      患者さんにも協力してもらっています。


      漢方薬の場合は、同じ薬でも色々な場面で使用しますので、院外処方に

      した場合、僕と薬剤師さんの説明が統一されていないと患者さんが混乱するという

      恐れもあります。経営的には院外処方も魅力ではありますが、今のところは

      このままで行こうと思っています。


        2009年11月15日 日曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        頻尿増加中

        若い人にはあまりなじみのない症状ですが、超高齢化の日本では

        かなりの方が悩んでいる症状です。とくに最近冷えてきたので、

        来院される患者さんも増加中です。

        もちろん急性に発症した場合や、排尿時痛がある時は膀胱炎が

        疑われるので、抗生物質が必要ですが、そうでない場合は漢方薬の

        登場です。


        一般に、緊張すると頻尿になる場合と、夜間頻尿とで処方が変わりますが

        やはり多いのは夜間頻尿です。そして夜間頻尿は想像以上につらい症状です。

        漢方薬のメジャーどころでは八味地黄丸、六味丸、牛車腎気丸といった補腎剤

        (平たく言うと抗老化薬です)を使用しますが、そうそう一筋縄ではいかない所が

        これまたニクい(?)のです。


        やはり全身的に、乾燥傾向とか、イライラしてるとか、冷えが強いとかの所見を集めて、

        処方を決めなければ効いてきません。最近では、真武湯、滋陰降火湯が効いた症例が

        ありました。あるいは補腎剤の1日量を倍量投与!なんて力技が効いた例もありました。


        これからまだまだ増える症状だと思います。

         「しっこで何回も起きてかなわんわ~」

         「歳やでしゃあないわ~」

        なんて会話を耳にしたら、ニヤリと笑って

         「補腎剤がいいかもよ?!」

        と言ってみて下さい。(笑)

          2009年11月9日 月曜日

          カテゴリー 症例報告

          タグ

          暑いですね。

          ・暑いから寒気がするまで酒を飲もう!…なんてのはイケマセン。この時期ビールが大変おいしいですが、やはり飲み過ぎには注意したいもの。次の日の仕事に差し支えがあってはいけません。そもそも二日酔の本態は「脳の浮腫」なので、脳がむくまないようにすれば、意外と次の日はスッキリです。こんな作用を持つのはやはり漢方!というわけで五苓散という薬が重宝されます。お酒を飲んだ日に寝る前に飲んでおけば(薬が飲めないほど深酒したら無理ですが)次の日はかなり楽です。この薬は飲みやすいので、僕もかなりお世話になっております。

            2009年6月26日 金曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ