院長室

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

夏の3大風物詩

と言えば夏バテ、日焼け、虫刺されですが(ウソです)、これらにもしっかり対策があります。まず日焼けや虫刺されは湿潤療法の応用で、随分症状が軽くなります。プラスチベース(=ワセリン)を薄く塗るだけで日焼けのピリピリした痛み、虫刺されのかゆみは軽減されます。これで改善されない場合はもちろん受診していただいた方がよいですが、市販のものでもよいので1つワセリンを用意しておくことをオススメします。ラップで覆うのも効果はありますが、この時期はアセモやかぶれの原因になるので注意が必要です。


また、夏バテに対しては漢方薬がよく効きます。ぐったりして食欲もない、いわゆる脱水症状には清暑益気湯という薬がよく効きますし、嘔吐や下痢がある場合には五苓散が奏効します。お子さんや高齢の方は意外と脱水を起こしやすいので、ご家族で旅行などに行かれる際には、気にかけた方がよいでしょう。夏休み、元気なお子さんの面倒でぐったりしているお母さん方(?)にも漢方薬はいいかも知れません。(笑)

    2009年8月20日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ