症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ねんざの季節!?

運動会シーズンだからか、子供の外傷が

多いです。たまに父兄参加の競技に出場して

ぶっこけたお父さんも来ますが。(笑)


外傷の場合はとにかく腫れを早く取ることが

重要です。腫れが引かなければ痛みも引きにくい

ですし、腫れが持続した時間に比例して治るまでの

時間も長くなる傾向があるからです。

痛み止めの薬には腫れを引かせる作用はほとんどない

ですから、痛み止めに頼るのは危険です。

まずはしっかり局所の安静と冷却が基本中の基本です。


そしてここでも漢方を。急性の病態だからと言って漢方は

使えないことはありません。腫れが強い場合、そこに

「血」が溜まっていると考えますから、血流を改善する方剤を

選びます。具体的には桂枝茯苓丸が第1選択です。

さらに溜まった血を捨てる作用のある治打撲一方という方剤を

足すと効果的です。ただ、治打撲一方は便通をつける働きが

あるので、下痢に注意です。


…とここまでを患者さんに説明するんですが、一通り話して、

「粉はゼッタイ飲めない!」

なんて言われてガックリくることもあります。(^ ^;)

“良薬口に苦し”って学校で習わんのかな?(笑)

    2010年10月26日 火曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ