症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

仙腸関節ってどこですか?

AKA-博田法の基本となるのは仙腸関節の機能異常を

正す技術ですが、この仙腸関節というのは、「仙骨」と「腸骨」が

作る関節で、腰の後ろに左右対称にあります。

ちょうど、尾底骨の少しうえ、両脇にボッコリ出た突起を触れる

と思いますが、これが仙腸関節の場所です。


この仙腸関節は正中線に対して斜めになっており、体重を支える要で

あるとされています。以前は不動関節だと思われていましたが、実際には

3~5mm動いていて、しかも諸動作に深く関連した重要な関節だと

いうことが分かってきました。仙腸関節に背骨が“乗っかっている”とも

捉えられますので、仙腸関節の動きに異常があれば、それは背骨にまで

影響が出るわけです。


というわけで、AKA-博田法では、どの部位の痛みでもまずは仙腸関節の

治療から始めます。肩が痛くてもまず腰を触るのはこのためです。

「あらヤダ、この先生アタシのお尻触ってるよ。」と思われるのも(誰に?!)

心外なので書いてみました。(笑)

    2010年2月13日 土曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ