症例報告

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

下肢の広範熱傷-2

昨日の症例の経過写真です。


創は浸出液が多いと、フィブリン膜という薄いp1010712

黄色の膜ができます。これは浸出液の代謝産物と

考えられていますが、創面についたままだと、

上皮化が遅れるので処置の時にはがします。

そんな処置をしながら患者さんにも協力してもらって、

自作の被覆材を毎日交換してもらいました。


写真は湿潤療法を始めて約10日の写真。急速に上皮化が

始まっています。p1010713浸出液もほとんどなくなりました。

左足の方は、ほぼ上皮化終了です。


自作の被覆材も浸出液が少なくなったので、ワセリンを塗った

ラップを巻くだけに変更しました。


もう治癒っぽいですが、患者さんのご厚意で最新の写真を

撮らせてもらいましたので、しつこくもう1回アップします。

いや、だから一度に写真を挿入するテクがね…。


    2010年3月9日 火曜日

    カテゴリー 症例報告

    タグ

    ワセリンの季節

    当サイトでも度々紹介していますが、湿潤療法の応用として

    ワセリンやプラスチベースが乾燥肌や肌荒れにとてもよいです。

    この季節はどうしても乾燥するので、ヒビ割れ、かゆみ、等が

    多発します。尿素配合クリームや“ナントカの水”(笑)を使っている方も

    多いと思いますが、むしろ安価で副作用のないワセリンやプラスチベース

    の方が効果があると思います。

    とにかくワックスがけの要領で、入念に頻回に肌に塗りこんで下さい。ilm09_ah02001-s1

    かなり違いが実感できるはずです。ベタベタして仕事に支障が…という方は

    塗った後にふき取っても構いません。コーティングはできているので、塗る回数を

    増やせば問題ないです。


    どうしても市販の高価なクリームに手が伸びると思いますが、毎年お困りの方は

    是非試してみてください。

    この方法は手間はかかりますが、安価で副作用なく行えるので試す価値はある

    と思いますよ!

      2009年11月2日 月曜日

      カテゴリー 症例報告

      タグ

      夏の3大風物詩

      と言えば夏バテ、日焼け、虫刺されですが(ウソです)、これらにもしっかり対策があります。まず日焼けや虫刺されは湿潤療法の応用で、随分症状が軽くなります。プラスチベース(=ワセリン)を薄く塗るだけで日焼けのピリピリした痛み、虫刺されのかゆみは軽減されます。これで改善されない場合はもちろん受診していただいた方がよいですが、市販のものでもよいので1つワセリンを用意しておくことをオススメします。ラップで覆うのも効果はありますが、この時期はアセモやかぶれの原因になるので注意が必要です。


      また、夏バテに対しては漢方薬がよく効きます。ぐったりして食欲もない、いわゆる脱水症状には清暑益気湯という薬がよく効きますし、嘔吐や下痢がある場合には五苓散が奏効します。お子さんや高齢の方は意外と脱水を起こしやすいので、ご家族で旅行などに行かれる際には、気にかけた方がよいでしょう。夏休み、元気なお子さんの面倒でぐったりしているお母さん方(?)にも漢方薬はいいかも知れません。(笑)

        2009年8月20日 木曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        ワセリンの応用

        ・いよいよ花粉症シーズンが本格化してきました。もちろん当院では漢方薬をメインに使用して治療しますが、意外にワセリンも活躍します。ワセリンが花粉を直接トラップすることにより粘膜への付着を軽減させるのです。鼻の症状がメインの人であれば、外出前にワセリンを綿棒にとって鼻の穴にぐるっと一周塗布します。眼の症状が主であれば、眼周囲に塗りましょう。
        ・市販でも鼻の中に塗り込む薬がありますが、必ずしも薬効成分は必要ないようです。ワセリンは何と言っても安価で副作用がないのが売りです。もちろん眼の中に入っても大丈夫です。ワセリンはキズの治療や手荒れに使うことが多いのですが、こんな使い方も出来るので、忙しくて病院に来れない方は常備しておくと重宝します。

          2009年2月12日 木曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ