院長室

« 7月 2019 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

インフルエンザワクチン

新型インフルエンザの話題も尽きませんが、季節性インフルエンザの

ワクチンも例年にない異常な騒ぎです。ウチでは日野医院の方で

予防接種業務を行っていますが、またたく間に確保数の予約が

終了。どの医療機関もだいたい同じようです。

まあこれだけの騒ぎになれば仕方がないことですが、新型インフルエンザ

よりも通常のインフルエンザの方が実は死亡率が高いことを考えますと、

免疫力の低い高齢者などが、接種できなくて致死、なんてことにも

なりかねません。

まあ、無いもんは仕方がないですので、予防と、罹患した場合の治療に

力を注ぐしかないです。うがい、手洗いを励行し、治療は西洋薬ではタミフル、

リレンザ、漢方薬では麻黄湯!です。


あ、負けましたね。ドラ。(こっそり)

荒木の神業スライディングと守備で流れはこっちかと思ったのにぃ。

浅尾は口きいてもらえないだろうな。かわいそうに。

まだ次があるぞ!頑張れ!

    2009年10月23日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    診療日程更新

    ・寒い日が続いております。皆さん、風邪・インフルエンザにご用心を。
    2月の診療日程を公開しましたので、参考になさって下さい。

      2009年1月23日 金曜日

      カテゴリー お知らせ

      タグ

      インフルエンザ

      ・徐々に増えてきましたね、インフルエンザ。一宮地区でも学級閉鎖が報告されました。今年はA型が多いようですが、最近問題となっているのはタミフル耐性インフルエンザの増加です。
      タミフルには副作用の問題があり、特に小児には使用しづらい感がありましたが、特効薬ということで毎年使われてきました。しかしタミフルが効かないインフルエンザが出現してきたのです。「菌」と「菌を殺す薬」は昔からイタチごっこの関係で、新しい薬ができればそれに耐性のある菌が生まれ、また新薬が開発され…を繰り返しています。タミフル耐性インフルエンザの出現も自然の流れと言えるかも知れません。
      ・だからと言ってインフルエンザを放っておく訳にもいきません。麻黄湯という漢方薬はタミフルと同程度の効果があるとの報告もあり注目されています。タミフルのような副作用もありませんので、小児科の先生方の間では既にかなりメジャーなようです。

        2009年1月23日 金曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ