院長室

« 1月 2020 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

総括、的な

おかげさまで本日午前をもって、無事、今年の診療を終了しました。

当院をご利用頂いた皆様、ありがとうございました。治療のお役に

立てた方もいれば、全く寄与できなかった方もみえます。嬉しい思い

も残念な思いもする毎日でしたが、それらは全て僕の経験値となり

来年からの診療の糧になることでしょう。

 

よく患者さんには「適度に手抜きしてね」なんて言ってますが、

これは「頑張ってるね、そこまでしないで休みなよ」と慰めで言って

いるわけではなく、一所懸命にやると疲れて治らんよ、と伝えた

かったりします。このまま言うと優しくねーヤツだなーとイメージ

ダウンしかねないので(笑)言い方変えてるわけです。

 

僕自身も一所懸命にやらない、というか、そうしないで済むように

準備することを心掛けています。一所懸命というのは飛行機の離陸

みたいなもので、凄いエネルギーが必要で反動で揺れたりするし

緊張を強いられます。これ自体は必要なことですが持続するのは

無理ですよね。日々の生活で常に離陸する時のような緊張が続けば

身体はもたないし、治療をする余裕は生まれません。

 

だから一所懸命にならないように工夫することに一所懸命になる

というね。(笑)あとはどんな事態も自分が望んだ結果、と思う

ことにしています。「うーん、参ったね」と思うことはありますが、

「まあ必要なことなのかな」みたいに。その方が割と解決策を

思い付くんですよ。プラス思考というか、自然思考ですかね。

ヤバイ、何か頼りないヤツだと思われてないか?!(笑)

 

全然今年の総括にはなっていませんが、来年もこんなスタンスに

変わりはないと思います。縁あって治療のお助けをさせて頂く仕事

です。少しでも役に立てるよう、こんな雰囲気でスタッフ一同

ご来院頂くのをお待ちしております。何はともあれ、よいお年を

お迎えください。また来年!

    2019年12月30日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ

    アレルギーは防御反応?!

    アレルギー疾患と言えば花粉症、と誰もが連想するくらい当たり前

    になっていますが、他にもじんま疹やアトピー性皮膚炎、喘息など

    も含み、実に多彩な症状を呈しますね。

     

    アレルギーとは異物に対する排除反応であり、それに付随する症状

    が鼻に出れば鼻炎、皮膚に出れば皮膚炎、となるわけです。これは

    言い換えれば自身にとって害になり得る物から身体を守ろうとした

    反応なので、防衛手段の一つと捉えることもできます。行き過ぎた

    防衛が自身をも攻撃する、とでも言いましょうか。

     

    そう考えるとアレルギーの治療とは、正常な防衛反応に戻すこと、

    となります。漢方薬を含む薬物療法はアレルギー反応そのもの、

    あるいは随伴症状を緩和しているだけなので、本質的な治療には

    なりません。症状が一過性ならば、それでも構わないでしょうけど、

    通年性に症状が出続けている場合や、症状が多岐に亘ったり薬が

    効きづらくなっていれば、アプローチを再考すべきでしょう。

     

    とは言え、一筋縄ではいかないのも事実です。正常な防衛反応を

    目標と定めても、どこから手を付ければいいかは個人差があるから

    です。それでも、常に食材や細菌という異物と接している腸粘膜を

    治療のターゲットにするのは近道だとは思います。アレルギーと

    腸内環境の関連はかなり認知されるようになって来ましたが、

    今後はさらに詳細に「どこを、どのようにするか?」を明確化

    することが求められます。漠然と「ヨーグルトがいいらしいよ」

    では時代遅れになるでしょう。

     

    あるいは抗炎症や抗ストレスを一手に担う副腎という臓器にいかに

    負担をかけないか、も議論が進むといいですね。こちらはまだ

    腸内環境についてよりも遅れていると感じます。こういった視点を

    持つことでアレルギーを「体質」として片付けないようにしたい

    ものです。腸と副腎が良くなると、アレルギー以外にも良いことが

    起こるので一石十鳥くらいの恩恵があると思いますし。

     

    もしかすると活字アレルギーや数学アレルギー、はたまた仕事

    アレルギー(?)も良くなっちゃうかもよ?!(笑)

      2019年12月26日 木曜日

      カテゴリー 院長室

      タグ

      天然と合成

      天然モノと合成モノを比べたら、そりゃ天然モノの方が良さそう

      に感じます。害になる物をなるべく摂らない、という栄養療法の

      立場からしても、天然モノに拘るべきとは思います。

       

      ただ、真の天然モノというのは野にあるそのままで無加工です

      から「自然の毒物」を含有しているかも知れません。それを

      取り除くのも一つの加工ですから、一概に天然モノが無害で

      合成モノが有害とは言い切れません。

       

      サプリメントに関しても同様で、食品添加物てんこ盛りの商品は

      もちろん有害ですが、天然素材を利用して吸収効率や利用効率を

      上昇させる“加工”をしたものは無害ですし、化学的に合成したもの

      でも有害物質を含まなければ安全です。むしろ重要なのは各栄養素

      の体内での働き方です。つまり製造段階での天然・合成の差より

      も栄養素別の作用を優先に考慮した方がいい、ということです。

       

      例えば脂溶性ビタミン(A、D、E、K)は体内でホルモンの様な

      動きをするので、なるべく自然界に存在する形で摂取すべきです。

      これらが保険薬で代用しにくいのは、保険薬が自然界の姿では

      ないため却って不調を招くことがあるからです。対して水溶性

      ビタミン(B、C)は違う動き方をするので、天然素材にあまり

      拘る必要はありません。別の理由で保険薬は使用しませんけど。

       

      また栄養素を使用する時、それが治療なのか予防なのか強化

      なのかで量も変わってきます。腸内環境の良し悪しも左右するで

      しょう。ツールの品質はもちろん重要ポイントですが、同時に

      そのツールを使う目的と適切な評価がさらに重要です。目的を

      達成する最短距離を探ることに繋がりますし、余計なコストを

      減らすこともできるからです。

        2019年12月23日 月曜日

        カテゴリー 院長室

        タグ

        どっちを見るか

        コップに半分の水が入っている時、それを「半分水がある」と

        捉えるか、「半分空になっている」と捉えるか、で随分と違う

        のよ、というお話。

         

        上記はよく「物事はプラス思考でいこう」と諭す時に使われる

        例ですが、症状にも同じことが言えます。ある症状に悩んでいて

        治療により半分になった時に「50%良くなった」と捉えるか、

        「50%治らない」と捉えるかですね。応用としてAとBという

        症状に困っている時に「Bが良くならない。Aは無くなったけど」

        なのか、「Aは無くなった。Bはまだあるが。」で結構印象が

        変わりませんか?

         

        治療がうまく行かないことの言い訳にしてはいけませんが、実際

        慢性経過で困られている方が、ある日突然良くなることはあまり

        ありません。その過程でどう症状を捉えるかはとても重要だと

        思います。それは単に「前向きになれよ」ということではなく、

        プラスに目を向けると表情が明るくなるからです。マイナスに

        目を向けると反対に暗く険しくなるでしょう。

         

        すると周囲の反応が変わるんですね。親族や知人に「ちょっと

        明るくなったんじゃない?」とか「辛い中でよく頑張ってるね」

        とか言われると嬉しいですよね。それがまた症状を良くしたり

        プラス思考を後押しすることに繋がります。これが反対だと周囲

        は気を遣って話しかけなくなったりして、距離を感じるように

        なりそれにイラついて…と悪循環もあり得ます。

         

        周囲から力をもらう、のは他力本願では実はダメで自身の考え方

        や付き合い方を変えることがその効果を大きく左右するのでは

        ないかと思います。まずはウソでも笑って過ごすことが近道かも

        知れません。今週末にはM-1グランプリがありますから大いに

        笑いましょう。そんなオチ。半ばマジ。(笑)

          2019年12月19日 木曜日

          カテゴリー 院長室

          タグ

          ホルモンバランス

          この言葉も結構耳にする機会が多いのではないでしょうか?

          どちらかと言うとネガティブな意味合いで使用されることがあり、

          例えば、検査で異常のない子供の不調や、女性の生理周期の不調に

          「ホルモンバランスの乱れでしょう。」なんて言われるのです。

           

          じゃあ、どのホルモンがどういった原因で乱れているのか?となると

          恐らく答えはないものと思います。そう聞くと医師の逃げ口上の

          ように捉えられるかも知れませんが、それを聞いて安心する方も

          いるので一概に悪いというわけではありませんし、もちろん本当に

          ホルモンバランスの不調がある場合もあります。

           

          ではホルモンの濃度を測定すれば分かるかと言うと、実はこれが

          結構難しい。ホルモンの不調は絶対的な不足ではなく、相対的な

          不足で発現するのでホルモン値が不調と相関しないことがあるの

          です。また各種ホルモンは相互に作用するので、一つのホルモン

          異常の裏に他のホルモン異常が隠れていることもあります。

           

          ここでキーになるのがコレステロールです。性ホルモンや副腎の

          ホルモン、さらにはビタミンDはコレステロールを原料としますから、

          コレステロール代謝の異常があれば、即ちホルモン代謝にも影響

          があると考えることができます。健康教室では散々悪口を言って

          いますが(笑)、コレステロールを無闇矢鱈に下げてはいけない

          のはホルモン代謝に関係するからです。

           

          そしてコレステロールの代謝を改善するのがビタミンB群です。

          あとマグネシウム。結局、ホルモンバランスの異常を治療する時、

          豚肉や海藻、天然塩の摂取が重要になるんですね。そして血糖値の

          乱高下は無駄にホルモンを消費するので、糖質の食べ順も注意

          しなければいけません。クリスマスのチキンはOKだけどケーキは

          注意、ってことですね。(^ ^)

            2019年12月16日 月曜日

            カテゴリー 院長室

            タグ